青山六道の辻(ナンジャモンジャ)

マーカーはナンジャモンジャです。

青山六道の辻
[権田原、六軒町のあたりは組屋敷や御家人屋敷が集まる一画である。その中にあって、道が六差路になっていたため六道辻と呼ばれた。明治19年に日比谷練兵場の公園化にともない青山練兵場設置され、六道の辻を含む広い範囲が構内に取り込まれた。明治45年9月、明治天皇御大葬の礼会場となり、公園化が決定された。これが明治神宮外苑で、完成は大正15年のことである。  (「江戸切絵図散策」より)]

ナンジャモンジャ
[ナンジャモンジャとは、見慣れない立派な植物、怪木や珍木に対して地元の人々が付けた愛称。すなわち、特定の植物の種名ではない。ヒトツバタゴを指すことが多いが他の樹種の場合もある。あんにゃもんにゃとも。
「ナンジャモンジャ」と名付けられる植物の樹種は、ヒトツバタゴのほか、ニレイヌザクラボダイジュなど様々である。「ナンジャモンジャ」と称される理由について、民俗学では、元々は占いや神事に利用されていたもので、植物名で直接呼ぶことが憚られたものではないか、とみる説などがある。
●明治神宮外苑(東京都新宿区) – 樹種はヒトツバタゴ。  (wikipedia・ナンジャモンジャより)]

[江戸時代江戸青山六道の辻(現在は明治神宮外苑内)の人家にあった木は名前がわからないので「なんじゃもんじゃ」(または青山六道の辻にあったことから別名「六道木」)と呼ばれていました。ちなみに「なんじゃもんじゃ」とは「何じょう物じゃ(なんというものか)」の意味です。そしてこの名前の由来について面白いエピソードがあります。ごぞんじ水戸黄門こと徳川光圀(みつくに)が時の将軍に「あの木は何という木か」とたずねられ、その返事に窮してとっさに「なんじゃもんじゃ!」であると答えたと言われています。将軍に対しての名即答ぶり、さすが名君のほまれ高い黄門さまならではの逸話ですね。
 外苑の「なんじゃもんじゃ」の木は和名「ヒトツバタゴ」といいモクセイカ科の落葉高木で、岐阜県東南部と隣接する愛知県の一部、対馬の北端鰐浦(国の天然記念物に指定)、朝鮮台湾及び中国の暖帯に分布し、五月に雪のような白い清楚な花を咲かせます。ヒトツバタゴは「一つ葉のタゴ」(タゴはトネリコ※のこと)の意味で、江戸時代尾州(尾張の別称)の藩士でまた植物学者としても有名であった水谷豊文(みずたに・とよぶみ)という人が尾州でトネリコによく似た木を発見しました。トネリコ(タゴ)は複葉ですが、この木は単葉(一葉)だったので「ヒトツバ(一つ葉)タゴ」と命名したそうです。
 この外苑の「なんじゃもんじゃ」(ヒトツバタゴ)は大正13年に天然記念物に指定されましたが残念なことに昭和8年に枯れてしまいました。いま外苑の聖徳絵画館前にある2代目の木は元帝国大学教授の白井光太郎博士が根接法により1代目の木から得たものを昭和9年11月に植え継がれたとされています。そして今では外苑のいたる所で見ることができ、また明治神宮の内苑にも昭和51年に植えられて、現在宝物殿の東側、会館車道玄関前、西参道芝地にそれぞれ1本ずつあり、5月になるとみごとな白い花を咲かせますのでぜひ見てください。  (「なんじゃもんじゃ – 明治神宮」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 青山長者丸辺図」(絵図下端右中央に上方向に六道ノ辻ト云と記述されています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 四ツ谷絵図」(絵図右端中央・六道辻と描かれています。)

カメラ西方向・道路右側の木がナンジャモンジャで、この付近に青山六道の辻があったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*