青山御焔硝蔵・御鷹の松碑(国立霞ヶ丘競技場)

マーカーは国立霞ヶ丘競技場です。

青山御焔硝蔵
[火薬庫のことで、近くには鉄砲場もあった。幕末期に江戸湾防御のため台場が築造されると、使用される火薬はここから運ばれた。明治維新後も変わらず、青山練兵場の構内に取り込まれた。  (「江戸切絵図散策」より)]

国立霞ヶ丘競技場
[1924年(大正13年)に青山練兵場跡地に建設された明治神宮外苑競技場が前身である。明治神宮外苑競技場には陸上競技場の他、野球場、相撲場、プール等が設置された。戦中は陸上競技場が学徒出陣の壮行会の舞台となった。
1945年(昭和20年)に第二次世界大戦で日本が敗戦すると、施設はアメリカ軍によって接収され、しばらくは『ナルキニック・スタジアム』という名称で使用されていた。
その後オリンピックの開催を目指して1956年(昭和31年)に、文部省に譲渡され、外苑競技場を取り壊し、1958年(昭和33年)に国立霞ヶ丘陸上競技場が完成した。完成した年に、国産アンツーカにて舗装された同陸上競技場で「アジア競技大会」が開催され、東京がオリンピックを開催する能力があることをアピールする絶好の機会となり、翌1959年(昭和34年)5月に開催された国際オリンピック委員会総会で1964年(昭和39年)のオリンピックの東京開催が決定した。
東京オリンピックでは陸上競技場がメインスタジアムとして陸上競技、サッカーの3位決定戦と決勝戦、および馬術競技の大賞典障害飛越が、ラグビー場ではサッカー競技が実施された。
現在の競技場は2014年7月から2015年10月にかけて解体され、2015年10月から「新国立競技場」の建設を開始、2019年3月までに完成する予定となっている。  (wikipedia・国立霞ヶ丘競技場より)]

国立競技場
[国立競技場(英: Japan National Stadium)は、独立行政法人日本スポーツ振興センターが管理・運営する日本の競技場。2020年東京オリンピックパラリンピックの主会場であり、同大会ではオリンピックスタジアム(英: Olympic Stadium)の名称が使用される。東京都新宿区霞ヶ丘町10番1号に所在する。
隈研吾によるデザインは、周辺(明治神宮外苑)との調和を目指した『杜のスタジアム』のコンセプトを掲げ、「自然に開かれた日本らしいスタジアム」を提案。屋根や軒庇などを鉄骨と木材のハイブリット構造とし、最大高さを47.4mと比較的低く設定することで、水平ラインを強調した構造となっている。使用する木材は47都道府県がら集められた杉材およびカラマツ約2,000平方メートル分を使用、塗装により本来の木材よりやや白みがかったものとなっている。屋根の下には法隆寺五重塔からヒントを得たといわれる三層の庇が水平さを寄り強調している。
日本スポーツ協会前より見る・wikipedia-photo、国立競技場を上空より見る・wikipedia-photo、2020年1月11日撮影日本オリンピックミュージアム前より外苑ゲートを見る・wikipedia-photo、2019年12月21日撮影外苑ゲート入口より南側外観を見る・wikipedia-photo、2019年12月21日撮影青山ゲート入口より北東側外観を見る・wikipedia-photo、2019年12月21日撮影外苑ゲートアプローチよりFゲート入口を見る・wikipedia-photo、2020年1月11日撮影1階観客席よりスタジアムを見る・wikipedia-photo、2019年12月21日撮影3階観客席よりスタジアムを見る・wikipedia-photo  (wikipedia・国立競技場より)]

御鷹の松(明治神宮外苑)
[御鷹の松(お鷹の松)
大正7年(1918)明治神宮外苑競技場(現国立霞ヶ丘競技場)造成のために買上げた霞岳町の敷地内に境妙寺という古寺があった。昔、徳川3代将軍家光(1603~1651)が鷹狩の途中この寺に休息していたところ、江戸城から飛び去っていた、「遊女」と名づけた愛鷹が飛んで来て、庭前の松の枝に止まったので家光は大へん喜び、この松をその鷹の名をとって「遊女の松」と名づけたと伝えられる。後の世の人々が「お鷹の松」或いは地名をとって「霞の松」とも呼んだ。碑文にある2代目の松(樹齢推定200年 高さ4メートル)は昭和39年(1964)、東京オリンピック開催のための拡張工事の際に取り去られ、碑石は競技場代々木門内に移設されていたが、このたび現在地に移し、新たにこれに黒松を配したものである。
 昭和54年(1979)10月 明治神宮外苑  (「御鷹の松(明治神宮外苑) – 東京都新宿区の歴史 – Shinobi.JP」より)]  

青山御焔硝蔵資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 江戸絵図. 9号」(コマ番号2/5・絵図中央左方向に新御焔硝蔵、その右下に神明宮、寂光寺が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 四ツ谷絵図(嘉永三年・1850年)」(絵図右中央下付近に・御焔硝蔵、その右下に神明宮、寂光寺が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 千駄ヶ谷其外村々諸屋敷色分図. [1]」(コマ番号12/27・武庫司御用地、その右下に神明宮、寂光寺が描かれています。)

今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部  谷 謙二(人文地理学研究室)首都圏編」で明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができます。1896~1909年地図に青山練兵場が描かれ、青山練兵場の左上、渋谷川の右が青山御焔硝蔵にあたります。

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「千駄谷大神宮寂光寺」(9-12)、「大神宮遊女の松解説」(9-13)
千駄谷大神宮寂光寺(拡大図)

[図会上に太神宮、その左下に寂光寺(境妙寺・中野区上高田4-9-3に移転)、寂光寺庭園内に遊女松が描かれています。]
[鳩森八幡神社末社(太神宮)
神明社  御祭神 天照大神
太神宮として権田原にあったが、明治41年11月 八幡神社の末社になって境内に遷座された。  (「末社の紹介|鳩森八幡神社 公式ホームページ|渋谷 千駄ヶ谷」より)]

国立競技場 – Google Map 画像リンク

国立競技場前のカメラです。

国立競技場内のカメラです。

カメラ北東方向に御鷹の松の碑と案内板が設置されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*