鮫が橋坂(鮫河橋)

マーカーは鮫河橋坂下(鮫河橋)です。

鮫が橋坂(鮫河橋)
[港区元赤坂二丁目と新宿区南元町(坂下)/若葉一丁目(坂上)の境界を北へ上る坂道です。坂の東側には迎賓館赤坂御用地、西側には新宿区立みなみもと町公園(坂下部)や学習院初等科(坂上部)があります。坂下は安鎮坂の坂下でもあり、赤坂御用地鮫が橋門があります。坂道の標識はありませんが、坂下部の西側(新宿区側)に、新宿区立みなみもと町公園の案内板があり、そこに以下の説明が書かれています。
 『みなみもと町公園一帯は、昔から低い土地で、ヨシなどの繁った池沼があり、周囲の土地からわきだす水をたたえ、東南の方向へ流れて鮫河となり、赤坂の溜池にそそいでいました。江戸時代になってからは水田となり、寛永年間に行われた江戸城の外堀工事の際に余った土で埋め立てられて、町になったといわれています。鮫河には橋が架かっていて、鮫河橋と呼ばれていました。鮫河橋は「江戸名所図会」にもとりあげられて有名になったので、この付近一帯を鮫河橋と呼んだ時代があり、今でもみなみもと町公園前の坂に「鮫河橋坂」という名前を残しています。』  (「鮫が橋坂」より)]

[鮫川の水源は永井家屋敷山下と鐙ヶ淵(陽光寺抱地・現若葉公園)の2箇所で、元鮫河橋北町で合流し、鮫川橋付近で紀伊徳川家家老久野家屋敷から千日谷に沿った西方からの流れと合流し、紀伊徳川家中屋敷内の池に注ぎ、最終的に赤坂溜池に至った。
鎧ヶ淵は源義家が鮫河に転落した際に落としたと伝えられる鐙が遺された伝承がある淵で、江戸時代初期には八幡宮に安置されていたが、後に廃され、陽光寺抱地となった。近代になっても、晴れた日の正午頃、池に反射する光が金の鐙からの光として有難がられる光景が見られたが、四谷区内の下水に溜まった泥の廃棄場となり、消滅した。
江戸時代初期の時点で水流は僅かだった。橋は長さ2間(約3.6m)、幅2軒の板橋と至って小規模なものだった。  (wikipedia・鮫河橋より)]

右下赤丸が鮫河橋、左上青丸が鐙ヶ淵(陽光寺抱地・現若葉公園)、その下青丸が永井家屋敷山下です。

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・鮫ヶ橋

[絵は江戸の名所案内書とも言える『江戸名所図会』の「鮫が橋」の挿絵です。「鮫が橋」は「鮫河橋」と書いて「さめがはし」と読みます。「鮫河」という小さな川に架かっていた橋の名でもあり、「鮫河」が流れていた町々の町名の上にも付けられていました。いまも「四谷」と「神宮外苑」を結ぶ道路の「迎賓館」脇の坂道が「鮫河橋坂」、坂を降り切った所にある「東宮御所」の門が「鮫河橋門」と、「鮫河橋」の名が残っています。
江戸地誌の『御府内備考』によりますと、「鮫河」は幅六尺(約1.8メートル)ほどで、町によって「下水堀」とか、「大下水」、「鮫河橋大下水」などと呼ばれていたようです。鮫河橋谷町・鮫河橋北町・鮫河橋表町・鮫河橋仲町(現・新宿区若葉二・三丁目・南元町)から流れ出た下水は、「鮫が橋」の先で紀伊徳川家中屋敷内(現・東宮御所)を通り抜け、赤坂へ出ますと「赤坂大下水」となって溜池の縁を流れ、芝の愛宕下で「桜川」に合流していました。
いま、「鮫河」の跡は公共下水道の「四谷幹線」になっています。「四谷幹線」は赤坂で「溜池幹線」につながり、虎ノ門で「高段幹線」に合流し、「芝浦水再生センター」につながります。下水はここで処理されてから、芝浦の運河に放流されます。ですから、いまも、「四谷」の下水は芝の海へ流れ出ていることになります。
絵には「鮫河」の中に何本もの杭が並んで打ち込まれています。よく見ますと家の前にある小さな「下水」が「鮫河」に合流する所にも杭が打たれています。これは下水と一緒に流れて来るごみを取り除くためのものでしょう。
この絵の「鮫が橋」手前の右側辺りが、いまは「みなみもと町公園」になっています。この公園の下には「雨水調整池」があります。これは大雨の時、下水管から雨が溢れ出そうになったとき、一時、ここへ雨を貯めて置いて、雨が止んでから下水管へ流し出すためのものです。いま「みなみもと町公園」の脇から、老朽化した「四谷幹線(昭和4年=1929年敷設)」の能力を補完する「南元町幹線」の建設工事が行われています。  (「江戸下水道散歩 弐拾壱|東京都下水道局」より)]

鮫河橋坂上・カメラ南南西方向が鮫河橋坂です。

鮫河橋坂下・カメラ北北東方向が鮫河橋坂です。坂西側がみなみもとまち公園で、坂東側が迎賓館です。また、カメラ西北西方向道路が鮫河で、カメラ位置付近に鮫河橋がありました。

鮫が橋坂資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 赤坂絵図」[絵図右上・紀伊殿(紀州徳川家)上屋敷の左下に鮫ヶ橋坂が、坂下に鮫河が紀伊徳川家上屋敷内に描かれています。]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「鮫ヶ橋・解説右ページ左」(9-10)、「鮫ヶ橋解説-2・右ページ2行目まで」(9-11)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*