復興小学校(旧 元町小学校)

スポンサーリンク

マーカーは復興小学校(旧 元町小学校)です。

関連リンク – 「復興小学校(旧 坂本小学校)」、「復興小学校(旧 十思小学校)」、「復興小学校(早稲田小学校)」、「復興小学校(旧下谷小学校)」、「復興小学校(常盤小学校)」、「復興小学校(泰明小学校)」、「復興小学校(黒門小学校)」、「復興小学校(明化小学校)」、「復興小学校(広尾小学校)」、「復興小学校(旧四谷第五小学校)」、「復興小学校(旧京華小学校)」、「復興小学校(旧小島小学校)

復興小学校(旧 元町小学校)
[1923年に発生した関東大震災により、東京市立小学校は大きな被害を受けた。全195校のうち無傷で残ったものは2校にすぎず、約2/3が倒壊・焼失した。
復興事業にあたり東京市は、不燃化構造とするため鉄筋コンクリート建築を採用した。また、52の学校では、公園を併設するなどの試みも行われている。これは都市計画の中に小学校を位置づけて災害時の避難所としても使えるようにしたものである。設計規格は東京市臨時建設局が作成した統一規格によるが、外観デザインはそれぞれに独自のものとされており、町の顔として時代の意匠をまとった凝ったものが多い。
復興小学校として建築された小学校は全部で117校。大正13年6月11日に公布された「東京市立小学校復興建設費補給規程」に基づき、復興小学校の設計は東京市が一括して行い、建設費の補助が行われた。
建設時期は1924年から1935年にかけての時期で、多くは1928年頃までに完成している。
1927年(昭和2年)建設
元町小学校(文京区本郷1-1-19)
小学校としては1998年に廃校。南側には同時期に作られた元町公園が残されている。文京区が区施設の建設を計画したことから解体の懸念が強まっていたが、2010年段階ではその計画はたなざらしとなり、建物は耐震補強の上で2016年まで順天堂大学にレンタルされることになった。  (wikipedia・復興小学校より)]

[文京区立元町小学校(ぶんきょうくりつもとまちしょうがっこう)は、かつて東京都文京区本郷一丁目に存在した公立の小学校。
1911年(明治44年)に創立。関東大震災後の1927年(昭和2年)に現在地に移転し、鉄筋コンクリート製の校舎に建て替えられた(いわゆる復興小学校)。1930年(昭和5年)には隣接地に元町公園が開園した。元町公園は震災復興52小公園の一つで、当時の姿を最も色濃く残す公園として知られている。
生徒数の減少のため真砂小学校(同区本郷四丁目)と統合することとなり、1998年(平成10年)3月31日閉校。旧真砂小学校の地に新たに本郷小学校が開校した。
旧元町小学校の校舎はその後、旧真砂小学校校舎建て替えのため、1999年4月から2001年12月まで本郷小学校の校舎として使用。また、2002年から2003年12月にかけては桜蔭中学校・高等学校、2004年12月から2006年にかけては東京田中千代服飾専門学校(現・渋谷ファッション&アート専門学校)の新校舎建設に伴う仮校舎として貸し出された。
現在でも校舎は現存しており、選挙の際の投票所などとしても活用されている。2010年からは新たに順天堂大学に6年間の予定で貸し出されており、病後児保育施設も併設された。
文京区は今後の学校および公園敷地について、老朽化した文京総合体育館の移転先の候補地として検討していたが、現存する数少ない復興小学校校舎としての歴史的価値から保存を求める声が上がっていた。後に、新しい文京総合体育館は第四中学校跡地(同区本郷七丁目、1998年閉校)に建設されることとなり、2013年に開業している。  (wikipedia・文京区立元町小学校より)]

復興小学校(旧 元町小学校)正面玄関です。

スポンサーリンク