切支丹屋敷跡

スポンサーリンク

マーカーは切支丹屋敷跡碑です。

切支丹屋敷跡
[切支丹屋敷(きりしたんやしき)は、江戸時代江戸小石川小日向(現在の東京都文京区小日向1-24-8)にあったキリシタンを収容する屋敷である。キリシタン屋敷とも表記され、山屋敷とも呼ばれる。
正保3年(1646年)に、大目付宗門改役であった井上政重下屋敷内に牢や番所を建てて設けられた。この屋敷には、寛永20年(1643年)に筑前国に漂着し、江戸に送られて伝馬町の牢に入れられたイタリアの宣教師ジュゼッペ・キアラ、ペトロ・マルクエズら10人が収容された。
また、宝永5年(1708年)にイタリア宣教師ジョヴァンニ・バッティスタ・シドッティが屋久島に上陸し、長崎を経て江戸に送られた際にもこの屋敷に収容され、新井白石の尋問を受けた。
シドッティが正徳4年(1714年)に没した後は収容される者もいなくなり、切支丹屋敷は享保9年(1724年)に火災で焼失。その後は再建されることもなく、寛政4年(1792年)に宗門改役の廃止と同時に正式に廃された。
2014年7〜8月、切支丹屋敷跡へのマンション建設に伴い調査が行われ、3体の遺骨が発掘された。DNA解析の結果、うち1体はイタリア人のグループに属する男性であり、シドッティの遺骨であるとみられている。
現在
切支丹屋敷の跡地の一部に、切支丹屋敷跡の記念碑と、拷問にあった信者の八兵衛を生き埋めにして石を置いたという「夜なき石(八兵衛石)」がある。碑の向かい側一帯の跡地は2016年現在マンションになっている。また、この碑の近くの坂は切支丹坂と呼ばれている。坂の位置は諸説あるが、文京区教育委員会は碑から1ブロック南下した位置から東方向にある地下鉄丸ノ内線ガード下の隧道まで続く坂を切支丹坂としている。
切支丹屋敷跡の碑・wikipedia-photo  (wikipedia・切支丹屋敷より)]

遺骨:白石の「西洋の窓」宣教師か 獄死した屋敷跡から – 毎日新聞

東都小石川繪圖」(絵図中央左下付近・大久保長門守下屋敷左上にキリシタンサカと描かれています、その左方向・コノヘンヒケシヤシキト云と記述されている左側・太田源三郎から大久保菊蔵辺りまでが切支丹屋敷だったようです。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 十二之二」(50/134~52/134・地図中央に切支丹屋敷と記述されています、53/134~56/134・切支丹屋敷土地割残と記述されています、57/134・切支丹屋敷土地割終了図)

切支丹屋敷跡 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向・二本の樹木の間に切支丹屋敷跡碑があります。

岡本三右衛門(ジュゼッペ・キアラ)
[ジュゼッペ・キアラ[Giuseppe Chiara、慶長7年(1602年) – 貞享2年7月25日(1685年8月24日)]は、イタリア出身のイエズス会宣教師。禁教令下の日本に潜入したが捕らえられ、拷問の責め苦に耐えかねての強制改宗により信仰を捨て、岡本三右衛門(おかもと さんえもん)という日本名を名乗って生きた。遠藤周作の小説『沈黙』のモデルとなったことでも知られる。
寛永20年(1643年)7月、江戸に移送され、宗門改奉行井上政重の邸に預けられ、転びバテレンとなっていたクリストファン・フェレイラ(沢野忠庵)が協力し、詮議が行われた。また大老酒井忠勝老中堀田正盛らの邸でも取り調べが行われ、その際は将軍徳川家光も自ら検分したという。これらの詮議を受け、キアラはキリスト教の信仰を棄るに至った。ヨーロッパ諸国によるキリスト教布教の真意は国土征服の準備工作であることやキリスト教義の欺瞞性などを白状したため、幕閣の切支丹(キリシタン)に対する警戒感をより高めることとなった。
正保3年(1646年)に小石川の山屋敷(切支丹屋敷。現在の文京区小日向)に移され、同じく入国を企てた仲間と共に収容された。幕命により岡本三右衛門という死刑囚の後家を妻として娶り、そのまま岡本三右衛門の名を受け継いだ。幕府からは十人扶持を与えられたが、山屋敷から出ることは許されなかった。
その後もたびたび切支丹および宣教師についての情報を幕府に提出し、宗門改方の業務も行った。幽閉40年の後、貞享2年(1685年)死去。  (wikipedia・ジュゼッペ・キアラより)]

ジョヴァンニ・バッティスタ・シドッティ
[ジョヴァンニ・バッティスタ・シドッティ[Giovanni Battista Sidotti、寛文8年(1668年) – 正徳4年10月21日(1714年11月27日)]は、イタリア人のカトリック司祭江戸時代中期の日本へ潜入して捕らえられ、その死まで江戸で幽閉された。時の江戸幕府の実力者、新井白石はシドッティとの対話をもとに『西洋紀聞』などを著した。
シドッティは、1709年(wiki>宝永6年)江戸に護送され、時の幕政の実力者で儒学者であった新井白石から直接、尋問を受けた。白石はシドッティの人格と学識に感銘を受け、敬意を持って接した。シドッティも白石の学識を理解して信頼し、二人は多くの学問的対話を行った。特にシドッティは白石に対し、従来の日本人が持っていた「宣教師が西洋諸国の日本侵略の尖兵である」という認識が誤りであるということを説明し、白石もそれを理解した。
切支丹、特に伴天連(宣教師)は見つけ次第拷問、転ばせる(キリスト教信仰を捨てさせる)ことが最良という従来の規定を破り、新井白石は以下のような意味の意見上申を行った。
1.上策 本国送還 これは難しく見えるが、一番易しい。
2.中策 囚人として幽閉 これは簡単なようで実は難しい。
3.下策 処刑 これは簡単なようで実際、簡単。
白石が幕府に本国送還を上策として具申したのは異例のことであった。結局、用心した幕府は中策を採用し、シドッティを茗荷谷(現:文京区小日向)にあった切支丹屋敷へ幽閉することに決定した。(切支丹屋敷は1646年に捕らえた切支丹を収容するために作られたものであったが、シドッティが収容されるまで、鎖国禁教政策によって長きにわたって誰も収容者がいなかった。)
茗荷谷の切支丹屋敷では宣教をしてはならないという条件で、拷問を受けないことはもちろん、囚人的な扱いを受けることもなく、二十両五人扶持という破格の待遇で軟禁されていた。シドッティは、10ヶ月後の1714年(正徳4年)10月21日に衰弱死した。46歳であった。  (wikipdia・ジョヴァンニ・バッティスタ・シドッティより)]

スポンサーリンク