多胡藩松平(久松)家上屋敷跡

マーカーは多胡藩松平(久松)家上屋敷跡です。

多胡藩松平(久松)家
[多胡藩(たこはん)は、下総国香取郡(現在の千葉県香取郡多古町)に存在した藩。
小田原征伐後、関東に入部した徳川家康は、下総国香取郡に保科正光を1万石で入れた。これが多胡藩の起源である。関ヶ原の戦い後の慶長5年(1600年)11月、正光は信濃高遠藩に移封となり、多胡藩は廃藩となった。
慶長13年(1608年)、土方雄久能登石崎藩から移封されて再び多胡藩が立藩された(田子藩とも)。雄久の子の雄重大坂の陣で戦功を挙げたため、元和8年(1622年)に陸奥窪田藩へ加増移封され、廃藩となった。
その後は幕府領となった時期もあれば、他の大名の所領として併合された時期もあった。
寛永12年(1635年)11月に駿河国有渡郡安倍郡8000石を領していた旗本松平勝義が香取郡や上総国武射郡に移封された。その後、跡を継いだ次男の勝忠は弟たちに分与したこともあって7000石となったが、延宝4年(1676年)6月に2000石を加増された。そして勝忠の跡を継いだ勝以(勝義の九男)は正徳3年(1713年)8月3日、大坂城番に転身したことから摂津国島上島下両郡内において3000石を加増され、1万2000石の大名として多胡藩を立藩した。第6代藩主松平勝権藩校を創設して藩士の文武奨励を図った。第7代藩主松平勝行嘉永2年(1849年)12月、預かっていた罪人の唐大通事・神代徳次郎に逃亡されたという失態から閉門処分の上、2000石の減封となった。幕末期、勝行は九十九里真忠組の反乱鎮圧で功を挙げた。戊辰戦争のとき、勝行は徳川家との訣別を表すため松平姓を元の久松姓に戻した。翌年の版籍奉還知藩事となった。  (wikipedia・多胡藩より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本郷湯島絵図[安政4(1857)年]」[絵図上、伝通院境内左に松平豊後守(久松勝行)上屋敷が描かれています。]

国立国会図書館デジタル化資料 – 御府内往還其外沿革図書. 十二之二」[コマ番号98/134「延宝年(1673年-1681年)中之形」からコマ番号101/134[当時之形]の絵図右ページ中央に松平相模守と描かれています。]

(内題)東京府武蔵国小石川区小石川表町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図下中央・砲兵工廠の上、小石川上富坂町区域内に多胡藩松平(久松)家上屋敷がありました。)

東京市小石川區全圖 : 明治四十年一月調査 – (題箋)番地入東京市小石川區全圖(明治40・1907年)」(地図四つ切右下・小石川町、陸軍砲兵工科学校及び東京砲兵工廠の左上、小石川上富坂町の区域に多胡藩松平(久松)家上屋敷があったことになります。)

カメラ位置は春日通りで、カメラ北北東方向小路先左側が多胡藩松平(久松)家上屋敷跡になると思います。