守山藩松平家上屋敷跡(占春園)

マーカーは占春園です。

守山藩松平家上屋敷跡(占春園)
[占春園(せんしゅんえん)は東京都文京区大塚にある庭園。徳川光圀の異母弟、松平頼元が1659年(万治2年)に上屋敷を構えた庭園の名残りである。
松平頼元の子頼貞陸奥国守山藩主として2万石を領し、大学頭となった。園内の1746年(延享3年)に建てられた碑文は、「我が公の園は占春と名づく。その中見る所は、梅桜桃季、林鳥池魚、緑竹丹楓、秋月冬雪、凡そ四時の景有らざるは莫し。」とある。当時は江戸の三名園(青山の池田邸、溜池の黒田邸)の一つであったという。池を落英池、橋を折柳橋という。江戸時代にはホトトギスの名所としても知られていた。
1903年(明治36年)に東京高等師範学校(現在の筑波大学)が湯島からここに移ったことにより、占春園は校地の一部となった。筑波大学附属小学校の自然観察園として管理されている。
現在、占春園は、筑波大学附属小学校の自然観察の場ともなっているが、一般区民にも開放されている。ここは、明るく広々とした教育の森公園とは異なり、斜面と低地を利用した園内は様々な樹木がうっそうと生い茂り、ササに覆われた樹木の下には細い階段状の園路が池に向かって下っている。中島のある池の回りには大木が生い茂り、静かな雰囲気を漂わせている。東側の低地にある広場にはみごとな枝ぶりのカツラが3本ある。また教育の森公園側の入り口近くには日本ではめずらしいシロマツダイオウショウがある。嘉納治五郎の銅像も園内にある。  (wikipedia・占春園より)]

[占春園は都市公園ではありませんが、都市公園である「教育の森公園」に隣接するとともに、合わせて都市計画公園である「文京中央公園」に含まれています。筑波大学附属小学校の自然観察の場ともなっていますが、一般区民にも開放されています。ここは、明るく広々とした教育の森公園とは異なり、斜面と低地を利用した園内は様々な樹木がうっそうと生い茂り、ササに覆われた樹木の下には細い階段状の園路が池に向かって下っています。中島のある池の回りには大木が生い茂り、静かな雰囲気を漂わせています。東側の低地にある広場にはみごとな枝ぶりのカツラが3本植わっています。また教育の森公園側の入り口近くには日本ではめずらしいシロマツやダイオウショウがあります。  (「文京区ホームページ-占春園」より)]

旧守山藩邸碑
旧守山藩邸碑文
[(原文)
 我公之園、名占春。其中所観、梅桜桃李、林鳥池魚、緑竹丹楓秋月冬雪、凡四時之景、莫不有焉。而名以占春者何也。園旧有古桜樹、蔽芾数丈。春花可愛、夏蔭可憩。先君恭公之少壮也、馳馬試剣、毎繁靶於此樹而憩焉。因名云駒繋。至荘公之幼也、猶及視之。於是暮年、花下開宴、毎会子弟、必指樹称慕焉。我公追慕眷恋、専心所留、遂繞此樹、増植桜数百株、花時会賓友、鼓瑟吹笙、式燕以敖、旨酒欣欣、燔炙芬芬、殽核維旅、羽觴無算。豈啻四美具乎哉。物其多矣、維其嘉矣。偕謡既酔之章、且献南山之寿。我公称觴、顧命臣宜汎曰、是瞻匪亦所為。後世子孫、徒為游楽之場是懼焉。子為余書於石。宜汎捧稽首曰、桑梓有敬、燕胥思危。誦美有辞、陳信無愧。謹寿斯石。万有千載、本支百世、永承景福之賜。
時延享丙寅春三月               岡田宜汎捧撰
                       宇留野震謹書
(訓読文)
我が公の園は、占春と名づく。其の中、観る所は、梅桜桃李、林鳥池魚、緑竹丹楓、秋月冬雪、凡そ四時の景、有らざるは莫し。而して名づくるに占春を以てする者は何ぞや。園は旧古桜樹有り、蔽芾たる数丈。春花愛す可く、夏蔭憩ふ可し。先君恭公の少壮なりしとき、馬を馳せ剣を試み、毎に靶を此の樹に繋ぎて憩へり。因りて名づけて駒繋といへり。荘公の幼なるに至るまで、猶ほ之を視るに及ぶ。是に於て暮年まで、花下に宴を開き、子弟を会する毎に、必ず樹を指して称慕せりといふ。
 我が公追慕眷恋いし、心を留むる所に専らにし、遂に此の樹を繞り、桜数百株を増植し、花時に賓友を会し、瑟を鼓し笙を吹き、式て燕し以て敖び、旨酒欣欣、燔炙芬芬、殽核維れ旅ね、羽觴算無し。豈に啻だに四美具はるのみならんや。物其れ多く、維れ其れ嘉なり。偕に既酔の章を謡ひ、且つ南山の寿を献ず。
 我が公觴を称げ、顧みて臣宜汎に命じて曰く、是の瞻匪も亦為す所。後世子孫、徒らに游楽の場と為すを是れ懼る。子、余が為に石に書せと。宜汎捧じて稽首して曰く、桑梓敬する有り、燕胥して危きを思ふ。美を誦して辞有り、信を陳べて愧づる無し。謹みて斯の石に寿ぐ。万有千載、本支百世、永く景福の賜を承けんことをと。  (「筑波大学附属図書館展示Blog::開拓者よもやま話 第10講 「知の開拓者」の ..」より)]

旧守山藩邸碑文案内板
[「旧守山藩邸碑文
 この碑は、延享三年(西暦一七四六年)春三月に建てられたといわれるから、今から二百三十年ほど前になる。ここ吹上邸を上屋敷とされた守山藩主松平頼寛(三代目)が、その臣岡田宜汎に命じて記させたもので、高さ一・四米、幅〇・七七米の鉄平石に刻まれた碑である。この碑文には、藩祖頼元より頼寛に及ぶ三代の占春園にまつわる記事があり、特に占春園と命名された由来を持つ古桜樹や、桜花の春に催された佳会の盛宴などが興味深く記されていて、往時の大学頭邸の景観と歴史が追憶される。
(碑文上記)
 占春園は春爛漫たる桜樹を始めとして四時の美をそなえた名園で、杜鵑も巣を作るという野趣に富み、冬春の候には多くの鴨が園池に聚まり、青山の池田邸、溜池の黒田邸と合わせて江戸の三名園と称されたという。
 本学は、その史実をここに記して占春園を永久に記念するものである。
昭和52年3月
東京教育大学 」  (「大塚公園から教育の森公園、占春園を散策:三日ボウズのさんぽ:So-net」より)]

小石川繪圖 」[絵図左上に松平大学(守山藩)頭上屋敷が描かれています。]

占春園 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が守山藩松平家上屋敷跡(占春園)です。

占春園 落英池東端付近のカメラで、カメラ西方向に旧守山藩邸碑と案内板があります。 また、カメラ東南東方向に嘉納治五郎のブロンズ像があります。

占春園 落英池西端付近のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*