沢蔵司稲荷(慈眼院)

スポンサーリンク

マーカーは沢蔵司稲荷(慈眼院)です。

沢蔵司稲荷(慈眼院)
[浄土宗の慈眼院は、文京区小石川にある寺院です。慈眼院の創建年代は不詳ですが、元和6年(1620)に沢蔵司稲荷の別当を慈眼院としたのが伝通院中興開山廓山上人ということから、その頃には慈眼院が創建していたと推定できます。沢蔵司稲荷の沢蔵司は。僅か三年で浄土宗の奥義を極めたという秀才で、「澤蔵司てんぷらそばがお気に入り」と川柳に読まれたほど著名な僧だったといいます。  (「猫のあしあと」より)]

[元和6年(1620)に、伝通院塔頭寺院として現在地に創建された。伝通院の学寮に沢蔵司という修行僧がいた。僅か3年で宗義を極めた。ある日学寮長の夢の中に現れ「余は千代田城の内の稲荷大明神である。かねて勉強をしたいと思っていた長年の希望ここに達した。 今より元の神に帰るが、長く当山(伝通院)を守護して、恩に報いる」と告げて暁の雲に隠れたという。そこで伝通院の住職は、境内に沢蔵司稲荷を祀った。  (文京区ホームページ – 慈眼院(じげんいん)沢蔵司稲荷より)]

東都小石川繪圖」(絵図右端方向・伝通院の右方向に沢蔵司稲荷慈眼院が描かれています。)

慈眼院 – Google Map 画像リンク」、「澤蔵司稲荷 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が沢蔵司稲荷(慈眼院)山門です。

沢蔵司稲荷前の鳥瞰カメラです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*