紀伊田辺藩安藤家上屋敷跡(安藤坂)

マーカーは紀伊田辺藩安藤家上屋敷跡です。

安藤飛騨守
[紀伊田辺藩(きいたなべはん)は、紀州徳川家御付家老だった安藤家が治めた藩。代々紀州藩主を補佐し、紀伊国に3万8千石の所領を与えられたが、紀州徳川家の家臣であることから陪臣とみなされ、江戸時代を通じて独立した藩としては扱われなかった。藩主が諸侯(大名)に列し正式に藩として認められたのは明治維新後のことである。
浅野氏が紀伊国を支配していた頃は、一族の浅野知近が領していた。
元和5年(1619年)7月、徳川家康の十男・徳川頼宣が紀州藩主に封じられたとき、その付家老として遠江国掛川城主・安藤直次が付けられた。直次は紀伊田辺(現在の和歌山県田辺市)に3万8000石の所領と田辺城を与えられ
安藤家の歴代当主は、紀州藩の執政として紀州藩政に参与することが多かったため、和歌山城下に住む者が多かった。そのため、田辺城には城代として直次の従弟である安藤直隆の子孫が務めていたが、歴代藩主は田辺入りすることも多かった。藩内では、安永6年(1777年)6月には米騒動、天明6年(1786年)12月には米価昂騰が原因で騒動が起こった。また、幕末期には海防が重視され、藩内に大砲28門、砲台築造などが行なわれた。その一方で田辺与力騒動なども起こった。
安藤氏の一族では、直次の弟重信の系統から幕府の中枢を担う者が多く現れ、磐城平藩を領するなどしたが、宗家はこの紀州徳川家を支えた安藤家であり、他は分家である。
慶応4年(1868年)、明治政府の計らいによって独立の藩と認められて立藩した。明治4年(1871年)の廃藩置県で廃藩となる。 (wikipedia・紀伊田辺藩より)]

安藤坂
[【標識の説明】
 この坂は伝通院前から神田川に下る坂である。江戸時代から幅の広い坂道であった。傾斜は急であったが、1909年(明治42)に路面電車(市電)を通すにあたりゆるやかにされた。坂の西側に紀州藩附家老(紀伊田辺藩)安藤飛騨守の上屋敷があったことに因んで、戦前は「安藤殿坂」、戦後になって「安藤坂」とよばれるようになった。古くは坂下のあたりは入江で、漁をする人が坂上に網を干したことから、また江戸時代に御鷹掛の組屋敷があって鳥網を干したことから「網坂」ともよばれた。  (「文京区の坂(9) ~ 春日方面」より)]

東京都立図書館 – 東都小石川絵図(嘉永7[1854]/安政[4][1857]改)」(絵図四つ切右下・安藤飛騨守上屋敷右に安藤坂が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 十二之二」[コマ番号29/134・享保十(1725)年の形絵図中央、コマ番号30/134・安藤彦兵衛(安藤雄能)左に坂が描かれる道が安藤坂です。コマ番号31/134・寛保二(1742)年之形では安藤帯刀(安藤次由)、当時之形では安藤飛騨守(安藤直裕)となっています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 江戸絵図. 3号」(コマ番号4/6・絵図四つ切右上、伝通院右方向に安藤徹福丸と記述され、その上の道に坂の印が描かれています。そこが安藤坂になります。)

国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国小石川区小石川表町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図四つ切左下・小石川水道町上に安藤坂と記述されています。)

国際日本文化研究センター – (内題)東京府武蔵国小石川区小石川表町近傍(五千分一東京図測量原図のうち)(明治16・1883年)」(地図四つ切左下・松平邸右の道に安藤坂と記述されています。)

安藤坂 – Google Map 画像リンク

安藤坂上・カメラ南方向が安藤坂で、坂左に安藤坂の案内板があります。

カメラ南東方向・通路入口右に安藤坂の案内板があります。

安藤坂下・カメラ東北東方向が安藤坂です。