大久保甚四郎(巨川)屋敷跡

マーカーは旧最高裁判所長官公邸です。

大久保甚四郎(大久保巨川)
[大久保 巨川(おおくぼ きょせん、享保7年〈1722年〉-安永6年7月2日〈1777年8月4日〉)とは、江戸時代中期の俳人、浮世絵師、旗本
江戸幕府の旗本、大久保忠躬の三男。名は忠舒(ただのぶ)。俗称は辰弥、後に甚四郎。巨川、菊簾舎、城西山人と号す。妻は斎藤次左衛門利武の娘。1600石取りの旗本の家に生まれ、牛込に住していた。兄2人が早世したことにより、宝暦2年(1752年)8月4日に家督を継ぎ、宝暦5年(1755年)5月11日、西丸御書院番となった。宝暦13年(1763年)5月16日御書院番を辞し、安永2年(1773年)11月29日に致仕して家督を養子の忠章に譲った。
また巨川は俳人の笠家左簾の社中であった。西川祐信を慕い、絵暦交換会の頭取として意匠や図柄を工夫し、鈴木春信に私製の絵暦や摺物の作画を依頼して描かせ、春信を錦絵創始期の第一人者に育て上げている。一説によると巨川が自ら意図する絵暦を作らせるために、西川祐信工房の第一人者である鈴木春信を江戸に招いたとされる。何れにしても、巨川は錦絵の誕生に多大な貢献をしている。その傍ら、自らも若干の肉筆美人画などを描いた。そのほか著書に宝暦8年(1758年)刊行の『世諺拾遺』や『百千鳥』がある。『世諺拾遺』には奥村政信俵屋宗理勝間龍水らとともに挿絵を描いている。また「王照君図」に見られるように、確かな筆致であることを勘案すれば、一流絵師であるといえる。人物の衣服の陰影、原色を避け、細い描線をもって人物像を描き出すなど個性的な画風である。安永6年(1777年)7月2日死去。享年56。法名は廓然。
以前は春信の「座敷八景」などの錦絵版画に「巨川」または「巨川工」と記されてあるのみで、詳しくは知られていなかった。この「工」というのは、絵暦の考案者を意味すると考えられる。
作品
●「ろくろ首」 錦絵 ボストン美術館所蔵
●「髪を上げる美人」 錦絵 ボストン美術館所蔵
●「源頼光の酒呑童子退治」 錦絵 大英博物館所蔵
●「王照君図」 絹本着色 城西大学水田美術館所蔵
●「手鏡を持つ美人図」 絹本着色  (wikipedia・大久保巨川より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 市ヶ谷牛込絵図」(絵図左下・御徒組左下方向に大久保甚四郎と記述されています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 十一之二」(3/3・地図右中央付近の御徒組大縄地右下方向に大久保甚四郎と記述されています。)

旧最高裁判所長官公邸(旧馬場家牛込邸) – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が大久保甚四郎(巨川)屋敷跡で、跡地に昭和3年(1928)馬場正治邸として建設され、第二次世界大戦GHQの宿舎に接収され、その後馬場邸は新設された財産税で物納され国有地になり、昭和22年(1947)から最高裁判所長官公邸として使用されていました。(「東錦絵の発祥地その変遷 : 大江戸歴史散歩を楽しむ会」より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*