市谷亀岡八幡宮

スポンサーリンク

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    市谷亀岡八幡宮
    [市谷亀岡八幡宮(いちがやかめがおかはちまんぐう)は、東京都新宿区市谷八幡町にある神社。当神社は太田道灌文明11年(1479年)、江戸城築城の際に西方の守護神として鎌倉鶴岡八幡宮分霊を祀ったのが始まりである。「鶴岡」に対して亀岡八幡宮と称した。当時は市谷御門の中(現在の千代田区内)にあった。しかし、その後戦火にさらされ荒廃していったが、江戸時代に入り寛永13年頃(1636年頃)に江戸城の外堀が出来たのを機に現在地に移転。 市谷亀岡八幡宮は三代将軍・徳川家光桂昌院などの信仰を得て、神社が再興された。江戸時代には市谷八幡宮と称した。境内には茶屋や芝居小屋なども並び人々が行き交い、例祭は江戸市中でも華やかなものとして知られ、大いに賑わったという。その後明治に入り、神仏分離令により別当寺であった東円寺が廃寺となり(1872年)、芝居小屋などは撤退し樹木が植えられかつての賑わいはなくなっていった。その後、1945年に第二次世界大戦による戦火により神木なども含め焼失。1962年に現在の社殿が再建される。現在でも地域の人々などから信仰を得ている。市谷亀岡八幡宮の祭神は誉田別命(応神天皇)、気長足姫尊、与登比売神。茶ノ木稲荷神社は、稲荷大神
    境内社
    ●茶ノ木稲荷神社
    ●金刀比羅宮
    ●出世稲荷神社
    文化財
    ●軍配団扇 – 新宿区登録有形文化財(工芸品)。大田道灌が奉納したという、軍配団扇(ぐんばいうちわ)。製作時期や奉納された年月は不明である。
    ●銅鳥居 – 新宿区指定有形文化財(建造物)。文化元年(1804年)に建造された、銅造の明神鳥居。額には播磨国姫路藩3代藩主酒井忠道の筆による「八幡宮」の3文字が記されている。総高は460cmである。
    ●力石 – 新宿区指定有形民俗文化財。当神社に伝わる7個の力石。それぞれに重量や人名が刻まれている。
    市谷亀岡八幡宮石段と茶ノ木稲荷神社・wikipedia-photo、「歌川広重名所江戸百景に見る『市ヶ谷八幡』」・wikipedia-photo  (wikipedia・市谷亀岡八幡宮より)]

    [文明10年(1478年)に太田道灌が江戸城の鎮守として、鎌倉鶴岡の八幡神を勧請したのがはじめで、「市谷八幡」ともいいます。応神天皇・神功皇后・与登比売命を祭神として、もとは市谷御門内にありましたが、寛永年間に現在の地に移転。江戸時代には「時の鐘」があり、門前町も賑わいをみせ、江戸の名称のひとつとされていました。また、境内には「茶の木稲荷」もまつられています。神社には区内唯一の銅の鳥居(区指定文化財)をはじめ、道灌が所持し、奉納したといわれる軍配団扇(区登録文化財)や、力石(区指定文化財)、茶筅塚碑、刀工碑などがあります。  (新宿区観光協会ホームページより)]

    市谷亀岡八幡宮ホームページ

    市谷亀岡八幡宮 – Google Map 画像リンク」、「亀岡八幡 金刀比羅宮 – Google Map 画像リンク」、「出世稲荷神社 – Google Map 画像リンク」、「茶ノ木稲荷神社 – Google Map 画像リンク

    カメラ北北西方向が市谷亀岡八幡宮参道です。

    市谷亀岡八幡宮坂下のカメラで、カメラ方向右石段が男坂、左が女坂です。

    市谷亀岡八幡宮銅鳥居前の360citiesです。

    カメラ北北西方向が市谷亀岡八幡宮拝殿です。

    境内社茶ノ木稲荷神社拝殿前のカメラです。

    市谷亀岡八幡宮資料リンク
    国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 市ヶ谷牛込絵図」(絵図左上に茶ノ木稲荷社市ヶ谷八幡宮別當東圓寺と描かれています。)

    江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・市谷八幡宮

    江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「市谷八幡宮」(11-6)、「市谷八幡宮解説-1」(11-5)、「市谷八幡宮解説-2・右ページ」(11-7)

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *