新暦調御用所(天文屋敷)

マーカーは日本出版クラブ会館です。

新暦調御用所(天文屋敷)
[当地は天正18年(1590)徳川家康江戸城に入府する迄、上野国大胡領主牛込氏の進出とともに、三代にわたる居館城郭の一部であったと推定される。牛込氏の帰順によって城は廃城となり、取り壊されてしまった。正保2年(1645)居館跡(道路をへだてた隣接地)に神田にあった光照寺が移転してきた。
 その後、歌舞伎講談で有名な町奴幡随院長兵衛が、この地で旗本奴党首の水野十郎左衛門に殺されたとの話も伝わるが定説はない。享保16年(1731)4月、目白山より牛込麹町虎ノ門まで焼きつくした大火により、この地一帯は火除地として召上げられさら地となった。明和2年(1765)当時使われていた宝暦暦の不備を正すため、天文方の佐々木文次郎(吉田秀長)が司り、この火除地の一部に幕府は初めて新暦調御用所(天文屋敷)を設け、明和6年(1769)に修正終了したが、天明2年(1782)近くの光照寺の大樹が観測に不都合を生じ、浅草鳥越に移転した。佐々木は功により、のちに江戸幕府書物奉行となり、天明7年(1787)85歳で没す。墓は南麻布光林寺。以後天明年中は火除地にもどされ、寛政から慶応までの間、二~三軒の武家屋敷として住み続けられた。
 弘化年中には御本丸御奥医師の山崎宗運の屋敷もあった。この時代の袋町の町名は、今に至るまで変わることはなかった。近世に入ってからこの地に庭園を構えた高級料亭一平荘が開業し、神楽坂街をひかえ繁栄していたという。昭和20年(1945)の大空襲により神楽坂一帯はすべて焼失し焼跡地となった。
 戦後は都所有地として高校グラウンドがあったが、昭和30年(1955)日本出版クラブ用地となり会館建設工事を進めるうち、地下三十尺で大きな横穴を発見、牛込城の遺跡・江戸城との関連などが話題となり、工事が一時中断した。昭和32年(1957)会館完成現在に至っている。
 平成19年(2007)1月 平木基治記(元文芸春秋)  (「東京都新宿区の歴史 – 新暦調御用所跡(天文屋敷跡)」より)]

国立国会図書館デジタル資料 – 御府内往還其外沿革図書. 十一」の「11-165」の「明和年中之形」、「11-166」の「安永六酉年(1777年)之形」の左端中程に測量調御用屋敷が描かれている。

カメラ北北西方向が新暦調御用所(天文屋敷)跡に建つ日本出版クラブ会館です。

新暦調御用所(天文屋敷)案内板設置時(2009年11月)のカメラです。カメラ北西方向樹齢250年のイチョウの木前に案内板があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*