月桂寺

マーカーは月桂寺です。

月桂寺
[臨済宗円覚寺派の月桂寺は、正覚山と号します。月桂寺は、関叔碩三座原(慶安5年1652年寂)が市ヶ谷に庵室を寛永9年(1632)創建、江戸城堀の普請に伴い、寛永11年(1634)当地に代地を拝領して遠渓山平安寺と号したといいます。雪山碩林和尚(貞享4年1687年寂)の代に、月桂院殿龍室宗珠大禅定尼(明暦元年1665年寂)の帰依を受けて開基となり、寛文5年(1665)寺領百石の御朱印状を拝領、正覚山月桂寺と改号して雪山碩林和尚が開山、月桂院が開基となったといい、臨済宗関東十刹の一つに数えられました。  (「猫のあしあと」より)]

[都営地下鉄大江戸線若松河田駅の南東,徒歩7分。豊臣秀吉が足利成氏の後を継がせた嫡女の月桂院が葬られて,それまで平安寺と称したが月桂寺と改称した。月桂院が所持していた安産宝珠が寺宝として伝わり,厄除け安産成就の寺として知られている。  江戸時代には関東十刹のひとつに数えられ,境内には月桂院の墓のほかキリシタンの織部灯籠などがある。  (「東京ガイド」より)]

月桂寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が月桂寺参道です。

月桂寺資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 市ヶ谷牛込絵図」(絵図右上に月桂寺が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 府内場末其外往還沿革図書. [16]拾九亨」(コマ番号7/7・地図中央右上方向に月桂寺が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・薬王寺月桂寺

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「薬王寺月桂寺」(11-8)、「正覚山月桂寺解説-1・左ページ左」(11-7)[左ページ右の稲荷山薬王寺は廃寺になっている。]、「正覚山月桂寺解説-2・右ページ中ほどまで」(11-9)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*