国史跡 林氏墓地

スポンサーリンク

マーカーは国史跡 林氏墓地です。

関連リンク – 「林大学頭邸跡

林氏墓地
[東京都新宿区市谷山伏町にある儒者一族の墓所。もともと上野忍岡(しのぶがおか)にあったものを、1698年(元禄11)に幕府から当時の牛込山伏町に2000坪の別邸を賜わり、その敷地内に移築した。墓地は1926年(大正15)に国の史跡に指定され、1975年(昭和50)に林家から新宿区が購入して所轄となった。この墓には、代々儒学をもって徳川家に仕えた初代の林羅山(はやしらざん)(1583~1657年)をはじめとする12代までの墓と、支族の春徳以下8代までの墓や墓碑など合わせて81基が約360m2の狭い敷地内に林立する。なかには幕末ペリーの応接掛として日米和親条約締結に尽力した11代林復斎(ふくさい)の墓もあり、毎年11月初旬に一般公開されている。都営地下鉄大江戸線牛込柳町駅から徒歩約5分。  (「林氏墓地 とは – コトバンク」より)]

[国指定 林氏墓地
 林氏は、一世羅山が朱子学をもって徳川家康に仕え、以来優れた儒学者が続き、代々幕府の学政を司る家柄であった。(林大学頭邸跡)
 墓地は上野忍ヶ岡にあったが、元禄十一年(1698)三世鳳岡の時この牛込の地を賜り、移設された現在の墓地は次第に縮小されたもので、儒葬による埋葬様式をとどめたいるのは八世から十一世までの墓のみであるが、現存する希少な違例として貴重である。この墓地には十二代の代々の当主の他、その家族など八十一基の墓碑等が林立している。
 昭和五十年三月から墓地の適正な管理保全を期すため、新宿区の所有とした。これに伴い区では、墓地内の修理と環境整備を行い同時に新宿区文化財調査員により墓地の調査を実施し、これらの調査記録を、「国指定林氏墓地調査報告書」と刊行した。
 毎年十一月初旬の文化財保護強調週刊には、墓地の一般公開を行っている。
                                  東京都新宿区教育委員会 (「新宿区・史跡・文化財めぐり・国指定史跡・林氏墓地」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 市ヶ谷牛込絵図」(絵図中央右下付近・御先手組の上方向に林大学頭下屋敷地が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 十一之二」(3/3・地図右上方向御持組大縄地の左に林大学頭と記述されています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 十一」(111/203,112/203・地図中央下方向に林大学頭と記述されています。)

林氏墓地 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向が国史跡 林氏墓地です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*