富士見櫓

マーカーは富士見櫓です。

江戸城配置図(内郭)~クリックして拡大図てご覧ください。

国立国会図書館デジタルコレクション – 江戸城図

江戸城本丸図へリンク

富士見櫓
[宮内庁は、皇居に残る江戸城の遺構の公開範囲を15日(2016年11月)から拡充する。本丸跡である「東御苑」に残る平屋の櫓(やぐら)「富士見多聞(たもん)」の内部を公開し、三重櫓の「富士見櫓」をより間近で見られるようにする。
天守閣や富士見櫓、富士見多聞など多くの建物は江戸時代初期の明暦の大火(1657年)で焼けたが、富士見櫓と富士見多聞は再建された。柱やはりなど主要部に江戸時代の木材が残る。
  富士見櫓は耐震性などの問題で内部は公開しないが、これまでより25メートル近づいたところから見られるようになる。天守閣が焼失した後の江戸城のシンボル的存在で、高さ約16メートルの富士見櫓は、どの方向から見ても同じ形に見えることなどから「八方正面の櫓」とも呼ばれている。  (「江戸城:遺構の公開範囲拡充 「富士見多聞」など 宮内庁 – 毎日新聞」より)]

[中雀門を入って左手の本丸南端に位置する三重の櫓です。櫓の高さは約16メートルあります。どこからみても同じような形に見えることから「八方正面の櫓」とも呼ばれています。明暦3年(1657)の明暦の大火天守閣が焼失した後は、その代わりとされたと伝えられる重要な建物です。櫓の上からは富士山はもとより、秩父連山筑波山東京湾などを臨むことができました。太田道灌の歌に「わが庵は松原つづき海近く富士の高嶺を軒端にぞ見る」と詠まれていますが、その歌を詠んだ場所がこのあたりではないかといわれています。  (千代田区観光協会ホームページより)]

富士見櫓 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が富士見櫓です。

カメラ北北西方向が富士見櫓です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*