平川門

マーカーは平川門です。

江戸城配置図(内郭)~クリックして拡大図てご覧ください。

国立国会図書館デジタルコレクション – 江戸城図

江戸城本丸図へリンク

平川門
[平川門の枡形には、内堀(大手堀)に出る正規の高麗門とは反対側に、もう一つ高麗門がある。ここを出ると、大手堀と平川堀とを仕切る細長い帯曲輪が北西の竹橋門方向へ続いている。このルートが大奥の通用門で、またここから城内の死者を運び出したので不浄門とも呼ばれている。ここを生きてくぐったのは、絵島と浅野内匠頭(浅野長矩)の2人だけらしい。一方、大手堀を渡る平川橋と正規の高麗門は御三卿田安家清水家一橋家)の登城門であった。現在は、ここも大手門・北桔橋門とともに、年末年始をのぞき一般に開放されている皇居東御苑の入口の一つになっている。渡櫓門の櫓部は関東大震災で大破したがのちに復元された。また、高麗門は橋に正対していないのが特徴である。  (「江戸城 平川門」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 御江戸大名小路絵図

江戸城 平川門 – Google Map 画像リンク」、「江戸城 帯曲輪門 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は平川橋です。

カメラ南方向が平川門渡櫓門で、カメラ西方向が帯曲輪門、カメラ東方向が高麗門です。

平川門渡櫓門下のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*