阿部正弘上屋敷跡

マーカーは新丸ビルです。

関連リンク – 「福山藩阿部家中屋敷跡

阿部正弘
[阿部 正弘(あべ まさひろ)は、江戸時代末期の備後国福山藩第7代藩主。江戸幕府老中首座を務め、幕末の動乱期にあって安政の改革を断行した。阿部家宗家11代。
天保14年(1843年)閏9月11日、25歳で老中となり、辰の口(千代田区大手町)の屋敷へ移った。天保15年(1844年)5月に江戸城本丸焼失事件が起こり、さらに外国問題の紛糾などから水野忠邦が老中首座に復帰する。しかし阿部は一度罷免された水野が復帰するのに反対し、徳川家慶に対して将軍の権威と沽券を傷つけるものだと諫言したという。水野が復帰すると、天保の改革時代に不正などを行っていた江戸南町奉行鳥居耀蔵後藤三右衛門渋川敬直らを処分し(後任の南町奉行には元北町奉行遠山景元が就任)、さらに弘化2年(1845年)9月には老中首座であった水野忠邦をも天保の改革の際の不正を理由に罷免させ、後任の老中首座となる。正弘は徳川家慶、徳川家定の2代の将軍の時代に幕政を統括した。嘉永5年(1852年)には、江戸城西の丸造営を指揮した功により1万石が加増される。老中在任中には、度重なる外国船の来航や中国でのアヘン戦争勃発など対外的脅威が深刻化したため、その対応に追われた。幕政においては、弘化2年(1845年)から海岸防禦御用掛(海防掛)を設置して外交・国防問題に当たらせた。また、薩摩藩島津斉彬水戸藩徳川斉昭など諸大名から幅広く意見を求め、筒井政憲戸田氏栄松平近直川路聖謨井上清直水野忠徳江川英龍ジョン万次郎岩瀬忠震など大胆な人材登用を行った。さらに人材育成のため、嘉永6年(1853年)には自らが治める備後福山藩の藩校「弘道館」(当時は新学館)を「誠之館」に改め、身分にかかわらず教育を行った。ただ、藩政を顧みることはほとんどなく、藩財政は火の車であった。嘉永5年(1852年)から加増された1万石も、ほとんどを誠之館に注ぎ込んだといわれる。
弘化3年(1846年)、東インド艦隊_(アメリカ海軍)司令ジェームズ・ビドル相模国浦賀(神奈川県)へ来航して通商を求めたが、正弘は鎖国を理由に拒絶した。7年後の嘉永6年(1853年)にはマシュー・ペリー率いる東インド艦隊がアメリカ大統領ミラード・フィルモアの親書を携えて浦賀へ来航した。同年7月には長崎ロシア帝国エフィム・プチャーチン率いる艦隊も来航して通商を求めた。この国難を乗り切るため、正弘は朝廷を始め、外様大名を含む諸大名や市井からも意見を募ったが、結局有効な対策を打ち出せず、時間だけが経過した。また、松平慶永島津斉彬らの意見により、徳川斉昭を海防掛参与に任命したことなどが諸大名の幕政への介入の原因となり、結果的に幕府の権威を弱めることにもなった。こうして正弘は積極的な政策を見出せないまま、事態を穏便にまとめる形で、嘉永7年1月16日(1854年2月13日)、ペリーの再来により同年3月3日(3月31日)、日米和親条約を締結させることになり、約200年間続いた鎖国政策は終わりを告げる。しかし、条約締結に反対した徳川斉昭は、締結後に海防掛参与を辞任することになる。安政2年(1855年)、攘夷派である徳川斉昭の圧力により開国派の老中松平乗全松平忠優の2名を8月4日(9月14日)に罷免したことが、開国派であった井伊直弼らの怒りを買い(ただし、その原因を阿部の人事・政策に対する親藩譜代大名の反発と見る考えもある)、孤立を恐れた正弘は10月9日、開国派の堀田正睦を老中に起用して老中首座を譲り、両派の融和を図ることを余儀なくされた。こうした中、正弘は江川英龍、勝海舟大久保忠寛永井尚志高島秋帆らを登用して海防の強化に努め、講武所や洋学所、長崎海軍伝習所などを創設した。また、西洋砲術の推進、大船建造の禁の緩和など幕政改革(安政の改革)に取り組んだ。
安政4年6月17日(1857年8月6日)、老中在任のまま江戸で急死した。享年39。跡を甥(兄・阿部正寧の子)で養子の阿部正教が継いだ。  (wikipedia-阿部正弘より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 四」(コマ番号80/87・「享保16年(1731)之形」絵図上中央に阿部伊勢守(備後福山藩阿部正福)と描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 分間江戸大絵図(出版年月日・寛政4 [1792])」(コマ番号2/6・絵図四つ切左下、「一橋御門」右方向に「阿部イセ」(阿部正倫)上屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 分間江戸大絵図(出版年月日・天保4 [1833])」(コマ番号2/5・絵図四つ切左下、「一橋御門」右方向に「阿部伊豫」(阿部正寧)上屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 天保改正御江戸大絵図(出版年月日・弘化3 [1846])」(コマ番号4/6・絵図四つ切「和田倉御門」下に「阿部伊勢守」(阿部正弘)屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタル資料 – 〔江戸切絵図〕. 御江戸大名小路絵図(嘉永2年・1849年)」[辰の口の阿部伊勢守上屋敷が阿部正弘上屋敷です。]

[御大名小路辰之口辺図] / 高柴三雄 誌(嘉永2年・1849年)」・「bunko01_01854_p0001.jpg

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 駿河台小川町絵図(安政7・1860年)」(絵図四つ切左下・「阿部伊豫守」(阿部正教)上屋敷が描かれています。)

カメラ北北西方向は新丸ビルで、新丸ビル・東京海上日動ビルディング本館・新館のエリアが阿部正弘上屋敷跡になります。

カメラ位置は和田蔵門橋前で、カメラ北方向が辰の口になり、カメラ南東方向に阿部正弘上屋敷があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*