鳥取藩池田家上屋敷跡(帝国劇場・出光美術館)

マーカーは帝国劇場です。

関連リンク – 「因州池田屋敷表門」、「東郷神社(鳥取藩池田家下屋敷跡)

鳥取藩池田家
[鳥取藩(とっとりはん)は、因幡国伯耆国(現在の鳥取県)の2国を領有した大藩である。石高は32万5千石。藩庁は鳥取城鳥取市東町)。久松山城とも称した。江戸時代を通し池田氏が治めた。慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いの後、池田恒興の三男(池田輝政の弟)の池田長吉が6万石で入封し、鳥取藩が立藩した。元和元年(1615年)嗣子・池田長幸の代に備中松山藩転封となった。同年播磨国姫路藩より、輝政の子・池田利隆の嫡男で池田宗家にあたる池田光政が32万石を与えられて入封した。光政は在封していた16年の間に鳥取城下町の基盤を整備した。寛永9年(1632年)備前国岡山藩主・池田忠雄(利隆の弟)が死去し、その嫡男で光政の従兄弟にあたる池田光仲が家督を継ぐと、幼少であることを理由に鳥取藩へ移封され、代わって光政が岡山へ入った。これ以後、池田氏の分家筋が因幡・伯耆国32万5,000石を治めることとなる。この忠雄死去の前後に、鍵屋の辻の決闘に関わることで大きな注目を集めた。鳥取池田家は輝政と徳川家康の二女・督姫の間に生まれた忠雄の家系であることから、外様大名でありながら松平姓葵紋が下賜され親藩に準ずる家格を与えられた。
幕末、12代藩主・池田慶徳は15代将軍・徳川慶喜の兄であったため、敬幕・尊王という微妙な立場をとった。藩内でも尊王派と親幕派の対立が激しく、文久3年(1863年)には京都本圀寺で尊王派藩士による親幕派重臣の暗殺事件(本圀寺事件)が発生した。翌年の禁門の変で親しい関係にあった長州藩が敗戦し朝敵となると、これと距離を置くようになるが、明治元年(1868年)の鳥羽伏見の戦い戊辰戦争では官軍方につき、志願農兵隊山国隊などを率いて転戦した。  (wikipedia-鳥取藩より)]

帝国劇場
[帝国劇場は、益田太郎、西野恵之助、渋沢栄一荘田平五郎、福沢捨次郎、福沢桃介日比翁助、田中常徳、手塚猛昌が発起人となり、大倉喜八郎が采配を振って設立された本邦初の西洋式演劇劇場で、1911年(明治44年)3月1日に竣工式が行われた。横河民輔の設計によるルネサンス建築様式の劇場だった。イタリア人音楽家ローシーを招いてオペラを上演したほか、尾上梅幸_(6代目)と松本幸四郎_(7代目)が専属俳優となって歌舞伎シェイクスピア劇などを上演。当時の「今日は帝劇、明日は三越」という宣伝文句は流行語にもなり、消費時代の幕開けを象徴する言葉として定着した。  (wikipedia-帝国劇場より)]

出光美術館
[出光興産創業者である実業家・出光佐三が長年に亘り収集した美術品を展示するため、1966年(昭和41年)に開館した。帝国劇場、ならびに出光興産本社が入居する帝劇ビルの9階にあり、館内のロビーからは隣接する皇居外苑が一望できる。収集品は日本・東洋の古美術が中心で、日本や中国の絵画、書跡、陶磁などが系統的に収集されている。特色あるコレクションとしては唐津焼仙厓義梵の書画1000点超などがある。また、ジョルジュ・ルオーサム・フランシスなどの西洋近現代美術の収集もある。開館後も収集を継続しており、1983年には国宝の『伴大納言絵巻』を購入し、話題になった。
館内は2年かけて2007年に全面改装され、通常の展示室の他に茶室朝夕菴(ちょうせきあん)、陶片資料室、ルオーとムンク専用の展示室がある。陶片資料室は1966年の開館時に陶磁器研究家小山冨士夫によって設けられ、世界各地の窯跡から発掘された陶磁器の破片が系統的に展示されている。
2016年に開館50周年を迎えた。  (wikipedia・出光美術館より)]

出光美術館ホームページ」 – 「ご利用案内

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 武州豊嶋郡江戸〔庄〕図(出版年月日・〔寛永9(1632)頃〕刊」(絵図中央・御堀下に松平宮内?(池田忠雄)と記述されています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 新板江戸大絵図(出版年月日・寛文10(1670)刊」(絵図中央・馬場先御門左下に「松平サガミ」(池田光仲)と記述されています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 御江戸大名小路絵図(嘉永2年・1849年)」[馬場先御門左下・松平相模守が鳥取藩池田家(池田慶栄)上屋敷です。]

[御大名小路辰之口辺図] / 高柴三雄 誌(嘉永2年・1849年)」・「bunko01_01854_p0001.jpg

カメラ東北東方向が帝国劇場です。

カメラ北方向が出光美術館入口です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*