お玉ヶ池種痘所跡

マーカーは「江戸最初のお玉ヶ池種痘所のあった所」碑です。

お玉ヶ池種痘所
[現在岩本町2丁目になっているところあたりに「お玉が池」がありました。お玉ヶ池は徳川初期には不忍池ほどの広さでしたが安政のころには小さなものになり現在はそのあとかたもなく史蹟としてお玉稲荷が祀ってあるだけとなっています。
 この、お玉が池のほとりに、安政5年(1858)伊東玄朴大槻俊斎江戸蘭学者たち82名が資金を出し合って「種痘所」をつくりました。種痘所は、痘瘡の予防接種の普及を図るための集会所で、勘定奉行川路聖謨の屋敷にあったといわれています。ただし、半年後に焼失し、下谷和泉橋通り(現・神田和泉町)に移ってしまいました。
 しかし、この地で生まれた蘭学者たちの精神は生き続け、種痘所は名前を変えながら東京大学医学部へと発展しました。  (「千代田区観光協会 – 「江戸最初のお玉ヶ池種痘所のあった所」碑(東大医学部発祥の地)」より)]

[江戸最初の
お玉ヶ池種痘所跡のあった所
             お玉ヶ池史蹟保存会
お玉ヶ池種痘所
お玉ヶ池は徳川初期には不忍池ほどの広さであったのが安政のころには小さなものになり現在はそのあとかたもなく史蹟としてお玉稲荷が祀ってあるだけです
 一時は池のほとりに
  梁川星巌の玉池吟社
  市川寛斎の江湖詩社
  大窪詩仏の詩聖堂
  東條一堂の瑶池塾
  佐久間象山の象山書院
  剣士千葉周作の道場玄武館
  磯又右衛門の柔道道場
  永坂石埭宅 清元太左衛門宅など 文武の華が咲きほこりました
この標柱の場所は勘定奉行川路聖謨の屋敷内に設けられたお玉ヶ池種痘所があったところで東京大学医学部発祥の地です 同学部は昭和33年に迎えた創立百年の記念に昭和36年文化の日お玉ヶ池種痘所記念碑と同時にこゝに元標を立てられました
                       お玉ヶ池史蹟保存会]

種痘所の変遷
[●安政5年(1858)5月、江戸の蘭方医82名の出資により、神田お玉ヶ池に種痘の普及と西洋医学の講習を行うことを目的とした私設の種痘所が開設される。
●同年11月、神田相生町からの出火で種痘所が類焼する。大槻俊斎 伊東玄朴宅(伊東玄朴屋敷跡) を臨時の種痘所とし, 種痘業務を続ける。
●同年12月、仮小屋を下谷和泉橋通りに建てる。
●安政6年(1859)7月、将軍徳川家定の病状が重症化し、1849年より禁止されていた蘭方医術が解禁され伊東玄朴, 戸塚静海が奥医師となる。
●同年9月、下谷和泉橋通りに種痘所を再建する。
万延元年(1860)7月、幕府からの公式な援助を得られることになる。
●同年10月、幕府に接収され, 官立の種痘所となり、初代頭取に大槻俊斎が就任。
文久元年(1861)3月、種痘奨励のため「種痘諭文」を発行する。
●同年8月、医学研究のために毎年男女各1体の人体解剖の許可を願い出る。
●同年10月、小塚原刑場での人体解剖が許可される。西洋医学所と改称, 組織を種痘・医学教育・解剖の三科とする。
●文久2年(1862)閏8月、2代頭取に緒方洪庵が就任。文久3年(1863)2月、医学所と改称する。
●同年7月、3代頭取に松本良順が就任する。教授職5名 助教授4名 通学生約30名 寄宿生約30名。
慶応元年(1865)春、ポンペのもとで学んだ松本良順は, 組織の整備拡充を行い、いわゆる七科(物理・化学・解剖・生理・病理・薬剤学・内科・外科)を置く。
●慶応2(1866年)5月、種痘のための出張所を江戸数ヵ所に置く。  (「東京大学医学部の歩み 江戸~明治 > 1858~1867」より)]

お玉ヶ池種痘所の開設(種痘⑤ 江戸の大変) : 気ままに江戸 散歩・味 …

お玉ヶ池種痘所からの移転先の資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 下谷絵図」(絵図・中央左側・藤堂和泉守(津藩)上屋敷の上左方向、藤堂佐渡守(伊勢久居藩)上屋敷左通り上方向の和泉橋通り角に伊東玄朴と描かれています。この地は伊東玄朴が講武所南の屋敷地から移ってきた地で、お玉ヶ池種痘所が類焼後、臨時の種痘所となっています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 十四之二」(2/3・地図中央右寄り修正箇所部分が種痘所と記述されています。)

お玉ヶ池種痘所記念碑 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が「江戸最初のお玉ヶ池種痘所のあった所」碑です。

カメラ北北西方向が「江戸最初のお玉ヶ池種痘所跡のあった所」碑です。(Google Maps)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*