三浦按針屋敷跡碑

スポンサーリンク

マーカーは三浦按針屋敷跡碑です。

三浦按針屋敷跡碑
[オランダ東インド会社東洋派遣隊の航海士であった英人ウィリアム・アダムスは、慶長5年(1600年)暴風のため大分県の佐志生に漂着しました。のち、徳川家康の通商顧問になり、日英貿易の発展に貢献しました。 現在、室町1丁目地内にある按針居住の地は、昭和5年6月、東京府史跡の指定を受け、同7月、地元有志の手で記念碑が建てられましたが、戦災で破壊され、昭和26年5月に現在の記念碑が建てられました。  (中央区観光協会ホームページより)]

三浦按針旧居跡 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向・レンガ色のビル右に三浦按針屋敷跡碑が設置されています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*