伝馬町牢屋敷跡(神田上水樋管)・小伝馬町牢屋敷展示館

マーカーは十思公園鐘楼です。

伝馬町牢屋敷跡(現在一部が十思公園になっています。)
[伝馬町牢は慶長年間、常磐橋際から移って明治8年市ヶ谷囚獄が出来るまで約270年間存続し、この間に全国から江戸伝馬町獄送りとして入牢した者は数十万人を数えたといわれる。現在の大安楽寺、身延別院、十思小学校、十思公園を含む一帯の地が伝馬町牢屋敷跡である。当時は敷地総面積2618坪、四囲に土手を築いて土堀を廻し南西部に表門、北東部に不浄門があった。牢舎は揚座敷揚屋、大牢、百姓牢、女牢の別があった、揚座敷は旗本の士、揚屋は士分僧侶、大牢は平民、百姓牢は百姓、女牢は婦人のみであった。今大安楽寺の境内の当時の死刑場といわれる所に地蔵尊があって、山岡鉄舟筆の鋳物額に「為囚死群霊離苦得脱」と記されてある。牢屋敷の役柄は牢頭に大番石出帯刀、御椓場死刑場役は有名な山田浅右衛門、それに同心78名、獄丁46名、外に南北両町奉行から与力1人月番で牢屋敷廻り吟味に当ったという。伝馬町獄として未曾有の大混乱を呈した安政5年9月から同6年12月までの1年3ヶ月の期間が即ち安政の大獄吉田松陰橋本左内頼三樹三郎等50余人を獄に下し、そのほとんどを刑殺した。その後もこゝで尊い血を流したものは前者と合せて96士に及ぶという。これ等愛国不盡忠の士が石町の鐘の音を聞くにつけ「わが最期の時の知らせである」と幾度となく覚悟した事であろう。尚村雲別院境内には勤皇志士96名の祠と木碑が建てられてある。 昭和29年11月 江戸史跡保存協賛會
平成2年3月公園整備に伴い由来板を作り直しここに設置するものである。 中央区土木部公園緑地課  (「旧日光街道1回目(江戸・千住宿)」より]

[牢内は囚人による完全自治制が敷かれており、牢屋役人ですら権限の及ばない世界であった。
また、幕府が指名した牢名主を頂点とする厳然たる身分制度が敷かれており、平囚人には牢内で体を伸ばす権利すら与えられていなかった。
食事は1日朝夕の2度。玄米5合(女囚は3合)と汁物が支給された。漬物は牢内でこしらえていた。
牢内の人員が増え、生活するのに支障をきたすようになると「作造り」と称する殺人が行われた。主に牢内の規律を乱す者、元岡っ引や目明し、いびきのうるさい者、牢外からの金品による差し入れのない者などが標的にされた。暗殺後は「病気で死にました」と届け出て、特に咎めが来ることはなかった。
牢獄には窓がなかったため、風通しも悪く日光も入ってこなかった。栄養状態も悪くトイレも牢内にあったため、内部の環境は非常に劣悪であった。医師はいたが、いい加減な診察しか行わなかったため、飛び火や疥癬を主とする皮膚病に罹患する者が後を絶たず、主人や親を傷つけた者(逆罪)以外で体を壊した者は溜(浅草溜品川溜)に収容された。  (wikipedia・伝馬町牢屋敷より)]

神田上水樋管
神田上水留. [43] 神田上水小伝馬町牢屋敷掛樋枡井戸共御普請一件 慶応元丑年七月 御普請方 分冊ノ一」(15,42/75・伝馬町牢屋敷内の神田上水樋管が描かれています。)

伝馬町牢屋敷資料リンク
東京都立図書館 – 武州豊嶋郡江戸庄圖(寛永9年・1632年)」[絵図四つ切右下・東堀留川(堀留)右方向に「ろうや」と記述されています。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」(絵図中央に囚獄が描かれています。)

「国立国会図書館デジタルコレクション」 – 「傳馬町囚獄図

石町時の鐘 – Google Map 画像リンク」、「伝馬町牢屋敷跡 – Google Map 画像リンク」、「小伝馬町牢屋敷展示館 – Google Map 画像リンク」、「江戸伝馬町処刑場跡の碑 – Google Map 画像リンク」、「吉田松陰死刑囚終焉の地 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は十思公園前で、カメラ西北西方向の鐘楼に「石町時の鐘」が納められています。

カメラ位置は「石町時の鐘」が納められている鐘楼下で、カメラ初期設定方向に石時町時の鐘説明板があります。(石町時の鐘(こくちょうときのかね) – 都内散歩 散歩と写真 – Gooブログ)

カメラ東北東方向に吉田松陰先生終焉の地碑があります。

カメラ位置は大安楽寺前で、カメラ南方向に江戸伝馬町処刑場跡の石柱があります。

カメラ西北西方向は「十思スクエア別館」で、この施設に『小伝馬町牢屋敷展示館』があります。

石出帯刀
[石出帯刀(いしで たてわき)は、江戸幕府伝馬町牢屋敷の長官である囚獄(牢屋奉行)の世襲名。
初代の石出帯刀は当初大御番を務めていたが、徳川家康江戸入府の際に罪人を預けられ、以来その職を務めるようになった。
囚獄は町奉行の配下に属している。その職務内容は、牢屋敷役人である同心及び下男等の支配、牢屋敷と収監者の管理、各牢屋の見回りと収監者からの訴えの上聴、牢屋敷内における刑罰執行の立会い、赦免の立会い等となっていた。家禄は三百俵。格式は、譜代・役上下・御目見以下であるが旗本である。
歴代の石出帯刀のうちで最も高名な人物が、石出吉深(よしふか、号を常軒。元和元年〈1615年〉 – 元禄2年〈1689年〉)である。囚獄としては、明暦3年の大火(いわゆる振袖火事)に際して、収監者を火災から救うために独断で「切り放ち」(期間限定の囚人の解放)を行ったことが著名な業績である。吉深は収監者達に対し「大火から逃げおおせた暁には必ずここに戻ってくるように。さすれば死罪の者も含め、私の命に替えても必ずやその義理に報いて見せよう。もしもこの機に乗じて雲隠れする者が有れば、私自らが雲の果てまで追い詰めて、その者のみならず一族郎党全てを成敗する」と申し伝え、猛火が迫る中で死罪の者も含めて数百人余りの「切り放ち」を行った。収監者達は涙を流し手を合わせて吉深に感謝し、後日約束通り全員が牢屋敷に戻ってきたという。吉深は「罪人といえどその義理堅さは誠に天晴れである。このような者達をみすみす死罪とする事は長ずれば必ずや国の損失となる」と評価し、老中に死罪も含めた罪一等の減刑を嘆願、幕府も収監者全員の減刑を実際に実行する事となった。
この処置はのちに幕閣の追認するところとなったうえ、以後江戸期を通じて「切り放ち後に戻ってきた者には罪一等減刑、戻らぬ者は死罪(後に「減刑無し」に緩和された)」とする制度として慣例化された。
元禄2年3月2日 (旧暦)(1689年4月21日)没。法名・正定院了修日念。当初は善慶寺に埋葬されたが、のちに西光院(足立区千住曙町)に改葬された。吉深は江戸時代初期の代表的文化人の一人であると評価されている。  (wikipedia・石出帯刀より)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*