加納藩永井家上屋敷跡

マーカーは加納藩永井家上屋敷跡です。

関連リンク – 加納藩永井家中屋敷跡

加納藩永井家上屋敷
[加納藩(かのうはん)は、江戸時代の日本で、美濃国厚見郡加納(現在:岐阜県岐阜市加納)を本拠地にして、美濃国中部(現在の岐阜県中南部)を領土とした藩である。藩庁は加納城
宝暦6年(1756年)、陸奥磐城平藩へ移された安藤信成に代わって武蔵岩槻藩主・永井直陳が3万2000石で入る。第4代藩主・尚佐若年寄に昇進し、第5代藩主・尚典武家諸法度に倣って「条々」・「定」・「覚」から成る家中制度を制定し、家臣団の統制を強めた。最後の藩主・尚服大政奉還直前に若年寄に任じられたが、戊辰戦争では岩倉具定に帰順して新政府側に与した。明治2年(1869年)、版籍奉還により尚服は加納知藩事となる。明治4年(1871年)の廃藩置県で加納藩は廃藩となり加納県となった。
加納藩では和傘の生産が盛んで、年間50万本も生産されていた。  (wikipedia・加納藩より)]

国際日本文化研究センター – 日本橋北内神田兩國濱町明細繪圖(安政6・1859年)」[絵図中央右端・永井肥前守(永井尚典)上屋敷と記述されています。]

カメラ位置は金座通り/浜町公園通り交差点で、カメラ北方向が加納藩永井家上屋敷跡になります。