大門通

マーカーは大門跡付近です。

大門通
[靖国通り岩本町交差点と人形町通りの交差点を一本東に行った南北に走る通りが大門通りで、この道を南に行けば人形町元吉原の大門(おおもん)に出る道なのです。元吉原は40数年の寿命でしたし、新吉原に引っ越して350年以上経っていますので、今は元吉原の感覚はありませんし、そのような街並みもなく、大手の入ったビルが建ち並びその風情は皆無です。その西側の人形町付近は江戸風情を残した老舗も多くあります。  (「第232話・落語「猫忠」(ねこただ)」より)]

[岩本町二丁目のこの地域は、「元岩井町」と名付けられました。「岩井」という町名は、四代将軍徳川家綱のころ、代々将軍の甲冑を作っていた岩井与右衛門から名付けられました。もともとは、文京区湯島にありましたが、天保(てんほう)3年(1683)の火事でこの地に移り、天保11年(1698)に町となりました。また、享保(きょうほう)6年(1721)に、町の一部が火除地(ひよけち)になったため、岩井町の一部は柳原土手下に移りました。新しくなった町は町名を「柳原岩井町」としたので、残った岩井町は、「元岩井町」と呼ぶようになりました。 この町の北側には、藍染川(あいぞめがわ)が流れていて、大門通りの交差点付近で大きく曲がっていました。その部分にまたぐようにかけられた「弁慶橋」は、江戸名物の一つだといわれています。今は藍染川は埋め立てられ、橋の跡もありません。大門通りは、昔、吉原町の大門に通じていたことからついた名前です。下のうき世絵には、「かな物や、馬具師が多かった」と書かれています。町会の南東側には「金物通り」があります。金物の神様といわれる金山神社があり、むかしは金物問屋でにぎわっていたそうです。  (「⑩岩本町二丁目岩井会 – 東京都千代田区立和泉小学校」より)]

カメラ位置は大門通北端で、カメラ東北東方向に大門通の標識があります。

カメラ位置は大門跡付近で、カメラ南東方向に大門あったようです。

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」[浜町川左・新和泉町、高砂町より下、掘割までが旧吉原です。]

「江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・大門通

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「大門通」(2-10)、「吉原町奮地解説-1・右ページ中程から」(2-9)、「吉原町奮地解説-2・右ページ左から2行目まで」(2-11)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*