室町砂場

スポンサーリンク

マーカーは室町砂場です。

室町砂場
[大坂系の砂場
名称の由来は、大坂城築城に際しての資材置き場のひとつ「砂場」によるものとされる。正確な創立年代はわかっておらず諸説ある。うち最も古い説では大坂城築城開始の翌年の1584年としているが、この説については食文化史から疑問が提示されている。ほぼ確実といえるものとしては、1757年に出版された『大坂新町細見之図澪標』の記載で、この中に「和泉屋」「津国屋」の2軒の麺店があったとされる(1584年創業説を取っているのは「津国屋」である。和泉屋については、1730年に出版された別文献にも、店頭風景が掲載されている)。この2軒について、場所名で呼ぶことが定着し、「砂場」の屋号が生まれたものと考えられている。江戸への進出時期についても明確な記録はないが、1751年に出版された『蕎麦全書』に「薬研堀大和屋大坂砂場そば」の名称が、1781年-1789年に出版された『江戸見物道知辺』に「浅草黒舟町角砂場蕎麦」の名称が、それぞれ見られる。ただし大坂の砂場との関係は明らかではない。江戸末期の1848年に出版された『江戸名物酒飯手引草』には、6軒の「砂場」が紹介されている。
江戸時代に記録がある「糀町七丁目砂場藤吉」(南千住砂場)からは、幕末に室町砂場(旧本石町砂場)・明治初期に虎ノ門砂場(琴平町砂場)が分岐している。  (wikipedia・砂場_(蕎麦屋)より)]

[大阪屋砂場の系譜より、暖簾を得て、初代は幕末、高名輪・魚藍坂に独立。後に、明治二年日本橋の現在地に移転し、店を構える。
以前は「石町」と呼ばれ、戦後の町名変更により、「室町砂場」となる。昭和三九年には赤坂に支店(赤坂砂場 室町砂場支店)を構え、現在、二店舗でお引立て頂いている。五代目が当主を務めるが、赤坂店も又創業家家族が責任を持って切盛りしている。本支店共にご好評頂けているのはそのせいかもしれない。
日本橋本店は、昔から大店で四九年改築後も二階には宴席ご予約をお受けする座敷を配し、一階は天井高く広々した客席で内庭を横目にお召し上がり頂ける。
赤坂店は、木造二階建の数寄屋造りで逆に小ぢんまりした中に良い風情を残している。そばは、二種類。風味あるやや黒味がかった麺を“もり”粒子の細かい更科粉で打った上品なものを“ざる”としてお出ししている。
芝海老と小柱の掻き揚げの「天ざる・もり」や玉子焼きなど、昔ながらの味を維持している。  (「木鉢会|加盟店一覧|室町 砂場」より)]

室町砂場 – まち日本橋

室町砂場 (むろまちすなば) – 神田/そば [食べログ]

カメラ南西方向が室町砂場です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*