富沢町

スポンサーリンク

マーカーは富沢稲荷神社です。

富沢町
[江戸時代にこの一帯に住んでいた古着屋の元締めである「鳶沢」という人物がいたことから、 「鳶沢町」と呼ばれるようになり、後にそれが訛って「富沢町」と呼ばれるようになったという伝承がある。 日本橋浪花町を吸収合併し、現在の日本橋富沢町の形になった。  (wikipedia・日本橋富沢町より)]

[慶長の頃、鳶沢甚内に支給した土地で、鳶沢は江戸の盗賊の取締りを命じられました。初めは鳶沢町といいましたが、後に富沢町に改められました。  (「日本橋小舟町地区 中央区ホームページ」より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」(浜町河岸の中央左に富沢町が描かれています。)

富澤稲荷神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向に富沢稲荷神社があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*