小伝馬町

マーカーは小伝馬町交差点です。

小伝馬町
[大伝馬町・小伝馬町・南伝馬町のいわゆる三伝馬町は、江戸の4「町」の筆頭 - つまり江戸の多くの町を代表する町として尊重されました。この三伝馬町は徳川家康が江戸に来るまでは、日比谷入江 – ほぼ現在の皇居外苑の場所の、皇居側の海岸にあった千代田・宝田・祝田の三つの村の後身です、この三つの村が日本橋京橋に移されたのは、村の場所が江戸城の拡張で場内に取り込まれたためでした。三つの村は日本橋地区と京橋地区に移されて、はじめは徳川家の、慶長8年(1603)の江戸幕府成立以後は幕府の伝馬役を負担する町としての役割を与えられました。三伝馬町が江戸の町の代表として扱われた理由は、幕府が「江戸先住民」の存在を尊重すると同時に、伝馬役という陸上輸送手段の運営をまかしたことにあったといえます。
江戸の大祭、天下祭りと呼ばれた日枝山王神田明神の祭礼行列の先頭には、必ず大伝馬町(小伝馬町含む)と南伝馬町の二台の山車が引かれました。山王祭の時には山王の神領である日本橋の一部と京橋と、神社の地元の麹町の町が参加し、明神の祭りには神田と日本橋の一部の町が参加しました。このように都心の町々は一年おきに、それぞれの神社の神領の範囲ごとに天下祭りをしたのですが、大伝馬町と南伝馬町は結局は毎年、天下祭りの先頭に立ち、その上に、今は全く忘れられてしまいましたが、毎年六月には神田明神の地主神である三天王祭=祇園会が行われました。大伝馬町(小伝馬町を含む)が五~八日、南伝馬町が七~十四日、小伝馬町に代る小船町の祭が十~十三日にそれぞれ盛大に行われました。この当時の表現での三つの祇園会、別称三天王祭りの有様は、『東都歳時記』や『江戸名所図会』などでは、天下祭り以上の賑わいだったことが、それぞれの挿絵や文章でわかります。  (「中央区立京橋図書館 – 郷土室だより – 中央区の”みち”(その3)」より)]

日本橋小伝馬町
[日本橋小伝馬町(にほんばしこでんまちょう)は、東京都中央区の地名で、旧日本橋区にあたる日本橋地域内である。
オフィスと少数ながらの小物問屋が入り込む街並みで、江戸幕府牢屋敷を設置したことでも知られている。江戸時代には旅人宿の多い賑わった町で、繊維問屋や金物問屋も多く連なっていた。  (wikipedia・日本橋小伝馬町より)]

小伝馬町資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」[絵図中央囚獄下が小伝馬町です。]

カメラ位置は小伝馬町交差点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*