於竹大日如来井戸跡

スポンサーリンク

マーカーは於竹大日如来井戸跡です。

於竹大日如来井戸跡
[所在地 中央区日本橋本町3-6-2 
 於竹大日如来は、寛永17年(18歳の時)山形県庄内より出て、当時の江戸大伝馬町馬込家の召使いとなる。その行いは何事にも誠実親切で、一粒の米、一切れの野菜も決して粗末にせず貧困者施した。そのため於竹さんのいる勝手元からはいつも後光がさしていたという。出羽の国の行春乗蓮と玄良坊が馬込家をおとづれ
「於竹さんは羽黒山のおつげによると大日如来の化身である。」
とつげた。主人は驚き勝手仕事をやめさせ、持仏堂を造り、その後念仏三昧の道に入る。これが江戸市中に拡がり、於竹さんを拝もうと来る人数知れずと言う。
 於竹さんの詠んだ歌に
『 手と足は いそがしけれど 南無阿弥陀仏 
                   口と心の ひまにまかせて』
延宝8年(1680年)5月この世を去る 行年58
 五代将軍綱吉公の母堂桂昌院の歌に
『 ありがたや 光と共に 行く末は
                   花のうてなに 於竹大日 』
 於竹さんが愛用し貧困者が市をなしたと言う有名な於竹井戸はこの地にあった。
   昭和46年(1971年)5月吉祥 於竹大日如来保存会  (「東京都中央区の歴史 於竹大日如来井戸跡」より)]

カメラ南南東方向が於竹大日如来井戸跡です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*