紅や(柳屋本店)、馬喰町馬場跡

スポンサーリンク

マーカーは紅や(柳屋本店)です。

紅や(柳屋本店)
[株式会社 柳屋本店(やなぎやほんてん)は、東京都中央区日本橋馬喰町に本社を置く、ポマードなどの整髪料を中心とする化粧品メーカーである。1615年(元和3年)に創業された老舗企業として、その名を知られている。
1615年(元和3年)、から渡来し、徳川家康侍医を務めていた呂一官により、日本橋にて創業される。「紅や」という商号で店を構え、髪に塗る香油を中心に化粧紅、練紅、白粉などの製造販売を始める。1850年(嘉永3年)に外池半兵衛義治正願が養子としてその営業権を引き継ぎ、自らは柳屋五郎三郎と称すると、その後は香油を中心に整髪料に特化した。やがて明治期を経て大正期に入ると、アメリカ人技師・ハーバード・ジョイスを招くと共に「柳屋ポマード」を発売した。これが大いに売れたことで、同社を支え続ける主力製品となる。
関東大震災第二次世界大戦の戦禍により工場や店舗をたびたび失うも、1948年には株式会社に改組し、長年にわたり柳屋ポマードのヒットにより業界を牽引した。一時は丹頂(今のマンダム)と共に男性化粧品のトップを争った歴史がある。現在はPREXCEED(プレクシード)というブランド名で、男性、女性用のヘアケア、スキンケア製品を製造すると共に、またドイツシュトルベルクに本拠を置くモイラー・アンド・ヴィルツ社が、1792年に設立したオーデコロンのブランドとして有名な「4711」シリーズの国内総代理業務を行ってもいる。ロゴ源氏香之図の「花散里」を図案化したもの(一番左の線が短い)。  (wikipedia・柳屋本店_(化学)より)]

馬喰町馬場
[江戸では、郊外の高田馬場と市中にあった馬場は、その面積の大きさと景観の美しさからいっても、現在の運動公園にふさわしいものであった。江戸名所図絵には、馬喰町馬場、采女ヶ原馬場と高田馬場の三つが描かれ、嘉永二年(1894年)の切絵図では15ヵ所みられるが、馬喰町馬場や高田馬場のように、江戸時代を通じて存続したものは極めて少なくて、大部分は火災後に新たにつくられたり、馬場だったところが、武家地となって消えたりもしている。
馬場の管理はまちまちで近くの町に預けるもの、町奉行らが直接管理するものなどがあった。幕末に町預りになっていたものは、馬喰町馬場、采女ヶ原馬場、小石川馬場、小日向馬場、堀田原馬場、平河町馬場、それに湯島の桜馬場である。町預りについて、馬場のある町とまったく無関係な役所の者が管理するのとでは馬場に対する親しみが違っていたであろうといわれる。もちろん町が預った馬場で、町の子供が遊べないわけはなかった様子で、馬術の行なわれない馬場は、子供たちの格好の遊び場で、江戸名所図絵の馬喰町馬場には、子供が遊んでいるところが描かれている。
馬喰町馬場は、初音の馬場ともいわれ、関ヶ原の戦いのとき馬揃をしたところと伝えられ、明暦の大火後に一筋の馬場になったという。江戸でもっとも古い馬場で、明治までつづいた。 (wikipedia・馬場より)]

カメラ南方向が紅や(柳屋本店)です。また、カメラ西方向に「馬喰町馬場」があった。

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」[絵図右上・郡代屋敷下に馬喰町馬場が描かれている。]

名所江戸百景」・馬喰町初音の馬場「ファイル:100_views_edo_006.jpg

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・「馬喰町馬場」、「馬喰町馬場(説明文)
[江戸名所図会より「馬喰町」。初音の馬場と火の見櫓。馬場の左奥が郡代屋敷、その奥が神田川で土手沿いを柳原、奥の火の見の右側に「浅草御門」と書き込まれています。  (「第243話 落語「勘定板」(かんじょういた)」より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「馬喰町馬場」(1- 62)、「馬場解説・左ページ3行目より」(1-61)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*