清寿軒

スポンサーリンク

マーカーは清寿軒です。

清寿軒
[265年つづいた江戸の栄華が終わりを告げようとしていた1861年(万延2年/文久元年)、 日本橋堀江町(現・日本橋小舟町)に清寿軒は創業しました。武家地でありながらも町民が多く暮らしていた当時の堀江町は、お正月の手鞠羽子板、 節句の雛人形などなど‥‥‥季節ごとの市がたち、大変な賑わいであったと伝えられています。清寿軒初代店主・澤村清造が開いたこの小さな和菓子店は、 そうした江戸の大名や、料亭など花柳界の手土産としてご愛顧頂きました。明治大正昭和と時は流れ、花柳界の勢いが少なくなる頃、一般の小売も開始しました。出産や端午の節句、七五三などのお祝いの席にも重宝され、日本橋の人々の生活に密着したお店として繁盛しました。現在は7代目店主の日向野(ひがの)政治さんが、祖先から受け継いだ暖簾を創業地で守っています。  (「日本橋和菓子屋 清寿軒(せいじゅけん)公式サイト | 清寿軒の歴史とこだわり」より)]

[創業145年の小さな小さな老舗日本橋小舟町「清寿軒」。上等ながらワイルドはみ出し派の粒っこ小豆あんどら焼き。ながーい形容詞の似合うかなりやばめのニクい奴。大判小判のどら焼きは4日間は変化が楽しめる“くせ”に、粒あんのあとを引く上品上等な風味、まったら逃れられないグラマラスな魅力と浅黒い肌、清寿軒は日持ちどら焼きの“女王様”とひっそり思ってます。  (「アブない小判どら焼きワイルドはみ出し派日本橋清寿軒のどら焼きと …」より)]

清寿軒 (せいじゅけん) – 人形町/和菓子 [食べログ]

カメラ東北東方向が清寿軒です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*