玄武館跡

マーカーはカメラ位置です。

玄武館跡
[千葉周作の曽祖父・千葉平右衛門道胤が開いたという北辰夢想流という剣術流派が千葉家の家伝として伝わっていたという。周作もこれを学んでいたと伝えられ、さらに中西派一刀流浅利義信に入門した。後に浅利義信の師匠の中西子正(中西派一刀流第4代)にも学んで腕を磨き、浅利義信の婿養子となり浅利家の家督と剣術の道統を継ぐことを期待されるほどとなった。しかし、組太刀の改変について浅利義信と意見が対立したため、妻(浅利の養女)を連れて独立し北辰一刀流を創始した。北辰の文字を一刀流に冠して新流とした意味は、千葉家においては諸祖・千葉常胤以来、北辰(北極星=妙見)の信仰を生活原理としてきたからである。その後、武蔵・上野などを周って他流試合を行い、門弟数も増え、伊香保神社に奉納額を掲げることを企画した。しかし、地元の馬庭念流がこれを阻止しようとする騒動が発生し、掲額は断念した。この騒動で周作自身は名を挙げたが、北辰一刀流は事実上、上野から撤退し、上野(群馬県)では明治中期まで北辰一刀流を教える者はいない状態となった。江戸に帰り、1822年(文政5年)秋、日本橋品川町に玄武館と言う道場を建てた。(後に神田於玉ヶ池に移転)。千葉周作の開いた玄武館は、練兵館神道無念流)、士学館鏡新明智流)とともに幕末江戸三大道場の一つに数えられ、入門からわずか5年で皆伝を得た海保帆平、玄武館四天王と呼ばれた稲垣定之助、庄治弁吉、森要蔵、塚田孔平などの高弟を輩出した。幕末の志士、坂本龍馬清河八郎、新選組では藤堂平助山南敬助伊東甲子太郎服部武雄吉村貫一郎らも学んだといわれる。  (wikipedia・北辰一刀流より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」[絵図上中程に市橋壱岐守(仁正寺藩市橋家)上屋敷があり、その左隣に千葉周作と記述されている。]

玄武館跡(千葉道場) – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向に新たな玄武館跡の碑が設置されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*