石町時の鐘 鐘撞堂跡

スポンサーリンク

マーカーは石町時の鐘 鐘撞堂跡の説明板です。

石町時の鐘 鐘撞堂跡
[ 所在地 日本橋室町4丁目5番/本町4丁目2番地域
時の鐘は、江戸時代に本石町3丁目へ設置された、時刻を江戸市民に知らせる時鐘です。徳川家康とともに江戸に来た辻源七が鐘つき役を任命され、代々その役を務めました。鐘は何回か鋳直されましたが、宝永8年(1711)に製作された時の鐘(東京都指定文化財)が十思公園内(伝馬町牢屋敷跡)に移されて残っています。鐘撞堂は度々の火災に遭いながら、本石町3丁目(現日本橋室町4丁目・日本橋本町4丁目)辺りにあり、本通りから本石町3丁目をはいって鐘撞堂にいたる道を「鐘つき新道」と呼んでいました。そのことにより、時の鐘が移設された十思公園内までの道が平成14年3月に「時の鐘通り」と命名されました。近くの新日本橋駅の所には、江戸時代を通してオランダ商館長一行の江戸参府の時の宿舎であった「長崎屋(長崎屋源右衛門)」があり、川柳にも「石町の鐘は オランダまで聞こえ」とうたわれ江戸市民に親しまれていたのです。平成15年3月 中央区教育委員会]

[御府内で最初に設置された時鐘、石町の「時の鐘」は、本石町三丁目新道、現今の神戸銀行の南側の横町にあった。切絵図を見れば、およその見当はつくであろう。鐘撞役は辻源七の世襲で、江戸の下町四百十町ほどの町家から、月々、永楽銭一文(びた銭では四文)の鐘撞料を徴収していた。僅かな金額でも、積もれば大きく、源七の家には、いつも七・八人の若い衆が遊んでいたそうである。  (「中央区立図書館 – 10.中央区名所名物句集二 安藤菊二輯(PDFファイル:982.52 KB)」より)]

時の鐘資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」[本銀町右、本石町三丁目に「時ノ鐘」と記述されている。]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「ru04_03218_0001_p0041.jpg時鐘解説右ページ左」(1-41)

カメラ北北東方向に石町時の鐘 鐘撞堂跡の説明板があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*