神田まつや

スポンサーリンク

マーカーは神田まつやです。

神田まつや
[神田まつや(かんだまつや)は、東京都千代田区神田須田町にあるそばの専門店である。
1884年(明治17年)創業。関東大震災後に小高家が引き継ぎ、その3代目が店主になった後の1963年(昭和38年)に機械製麺から全面的に手打ちに切り替えた。
店舗は関東大震災後の1925年(大正14年)に建築された木造2階建ての建物で、2001年(平成12年)に東京都の歴史的建造物に選定されている。
食通としても知られる小説家の池波正太郎がひいきにした店で、池波のエッセー『散歩のとき何か食べたくなって』や『むかしの味』でもよく足を運ぶと記されている。
神田まつや・wikipedia-photo  (wikipedia・神田まつやより)]

神田まつや (かんだまつや) – 淡路町/そば [食べログ]

カメラ北方向が神田まつやです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*