稲荷堀(とうかんぼり)跡

マーカーは稲荷堀跡案内板です。

稲荷堀(とうかんぼり)
[小網町蛎殻町一丁目の境にあたるこの辺一帯は、昔は掘割になっていました。その河岸の端に稲荷神社があったことから、稲荷を音読みで「とうか」とか「とうかん」と読んで、堀をとうかん堀と呼んだと伝えています。
この地域は、この堀を利用して、各種の荷物が船で運ばれたために問屋が集り、特に瀬戸物問屋の多かった所です。堀の出入口にあった行徳河岸は、寛永九年(一六三二)以来、この堀と下総千葉県行徳村とをむすんできました。この水路は行徳からの塩の受入地となり、また江戸から下総への唯一の交通路となって、行徳行きの人と塩などを積んだ船が出入りする賑やかなところでした。
この堀は、最古の江戸図といわれる「寛永江戸図」にも、見られます。また、この堀にそって酒井雅楽頭(うたのかみ)の屋敷があり、幕末までありました。姫路藩十五万石の藩主として知られています。酒井家の屋敷の一部は、明治維新の後、明治六年(一八七三)十月まで西郷隆盛の屋敷となりました。
なお、東華小学校(現、日本橋小学校)の校名は稲荷堀の稲荷(とうか)をとって東華(とうか)と名付けられたといわれています。
平成九年三月
中央区教育委員会  (「稲荷堀(とうかんぼり) – ビバ!江戸」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」(絵図中央下・日本橋川の右方向、酒井雅樂守中屋敷左に稲荷堀が描かれています。)

カメラ南方向に稲荷堀跡案内板があります。