竜閑川(龍閑橋)

スポンサーリンク

マーカーは保存龍閑橋です。

竜閑川(龍閑橋)関連リンク – 「神田八丁堀跡

竜閑川
[竜閑川(りゅうかんがわ)は、東京都中央区および千代田区にかつて存在した河川である。竜閑は龍閑とも書かれる。竜閑川は日本橋川より千代田区と中央区の区界に沿って北東に向かい、東神田付近から直角に折れ、浜町川を経て箱崎川隅田川へと抜ける人工の堀であった。明治の掘割の際に神田川への流路も掘割されている。
竜閑川が最初に掘割されたのは江戸時代の1658年である。その後一度堀は埋立てられ、1883年(明治16年)に再び掘割された。しかし戦後の残土処理のため1948年(昭和23年)から再び埋立が始まり、1950年(昭和25年)には埋立が完了し、水路としての竜閑川は完全に消滅した。現在では竜閑川跡は幅1-2mほどの路地となっており、往時の水路の面影はほとんど残っていないが、交差点名にその名をいくつか残している。大和橋交差点(靖国通り)、鞍掛橋交差点(江戸通り)、龍閑橋交差点(外堀通り)、今川橋交差点(中央通り)などは全て竜閑川に架けられていた橋の名前である。名前の由来は、日本橋川河口付近に江戸城殿中接待役井上竜閑の屋敷があったためと言われる。
龍閑橋 – 1926年(大正15年)に作られた日本最初の鉄筋コンクリート・トラス橋。現在でも旧竜閑川と日本橋川との分岐点付近に欄干が保存されている。  (wikipedia・竜閑川より)]

龍閑橋(画像リンク)
[龍閑橋について
この橋は 大正15年(1926)に造られた日本最初の鉄筋コンクリートトラスの大変めずらしい橋です。これを記念するためその一部をここに保存します。
 橋長 10m5、 幅員 27m0、 構造形式鉄筋コンクリートトラス桁  (石碑より)

 この橋は、大正15年(1926年)に造られた日本最初の鉄筋コンクリートトラスの大変めずらしい橋です。
 もともと、神田の堀に架けられていた龍閑橋は、堀を埋め立てることで必要なくなりました。同じころ、この付近に開かれた新しい川に、いらなくなった橋をそのまま架けたのが、現在の龍閑橋の地名の由来となっています。まだ無名だったその新川は、橋の名前にちなんで「龍閑川」と名付けられました。今は無き龍閑川は、その昔、神田と日本橋の両区を分割するものでした。
 また、「龍閑」という名については、龍閑川の西端にあった町に、旧幕府坊主の「井上龍閑」と言う人の家があったことに由来します。  (案内板より)  [石碑・案内板画像リンク]  (「内神田散歩その3(竜閑橋)神田散歩最終回|芳村直樹のブログ」より)]

竜閑川資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」(絵図左側中程濠端に龍閑橋が描かれている。)

龍閑橋親柱 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向・ビル間の小路が竜閑川跡で、中央区と千代田区の境界になっている。また、小路右カメラ東方向・フェンスの囲いの中に龍閑橋が保存されています。

カメラ東北東方向が竜閑川跡です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*