竺仙

スポンサーリンク

マーカーは竺仙です。

竺仙
[竺仙(ちくせん)は、東京都中央区日本橋小舟町に存在する浴衣江戸小紋中心の呉服屋。正式商号は株式会社竺仙。初代は天保年間の創業であり、150年以上続く老舗である。 戦後、初代竺仙ゆかりの地浅草に店舗を構えるが、百貨店、高級呉服専門店からの声がかかり日本橋に移転した。 現当主は先代からの能衣装、古代紋様に加えて正倉院紋様宗達光琳の創作再現を積極的に行っている。 江戸染浴衣の独特な技術が有名となり、歌舞伎の世界でもその生きざまが描かれている。(古代型新染浴衣)
毎年1月と2月に東京、京都で百貨店、専門店を対象とした展示会を開催しており、この展示会を基に年間の生産、販売活動が計画され、一年間の営業活動が展開される。 江戸小紋などの春・夏ものを展示し、2月は同じテーマで京都で西日本を対象に開催している。手彫の型紙で一反ごとに手染めをする「型染め」を、現在でも続けている。  (wikipedia-竺仙より)]

[初代は、今から172年程前の天保年間の創業(1842年) である。
江戸染浴衣の独特な技術を活かし浴衣から江戸小紋へと世間に名を馳せ、歌舞伎の世界にまでその生きざまが描かれたほどであった。戦後、初代竺仙ゆかりの地浅草に店舗を構え、初代からの信条を強固な芯として技術、カラーを継承、その持味が世間の評判を買い有名百貨店、高級呉服専門店からの声がかかり日本橋に移転した。
現当主も先代からの能衣装、古代紋様に加えて正倉院紋様、宗達・光琳の創作再現に積極的に意を注いでいる。  (「竺仙ホームページ – 竺仙とは」より)]

カメラ東北東方向が竺仙です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*