米沢町

マーカーは米沢町です。

米沢町
[現在の東日本橋2丁目は、旧来の両国とよんだ町です。元柳町、新柳町、吉川町、米沢町、1、2、3丁目、薬研堀町、若松町など、全部または一部が含まれます。両国と両国橋の西側の町を一般的によんで、明暦の大火万治2年(1659)に橋がかかり、交通上繁華な地になりましたが、火事の多い江戸のこと、明暦の大火で多くの死者を出したことに鑑みて二度と災害の悲劇をくりかえさぬ様にと各所に火除地を設けたのですが、両国にも中央区側に広小路が出来て、防火や避難に役立つ広場が設けられました。いつの間にかこの空地を利用して小屋がけで軽業や見世物小屋が並び、水茶屋、喰べ物見世、楊弓場などで江戸一番の賑やかな場所になっていきました。もっとも将軍舟遊の乗船場がすぐ近くにあるため、将軍お成りの日には全部取り払われ、将軍が帰還後は再び興業が許されるといった具合でしたが、その賑やかなこと、混雑ぶりは大変なもので、いろいろな本に出ているほどでした。河岸を新柳河岸とよび、明治の末頃には寄席の新柳亭があって評判だったといいます。
明治維新後は全く商店の並ぶ繁華な市街に変わって、面目一新した賑やかな商店街になっていったのです。
また米沢町は3町に分れ、多くは船宿の中心地で、両国の川開きや花火と共に忘れることの出来ぬ町で、船宿はいずれも二階があり、家人は階下に住み、客がくると2階に通して接待したといいます。
米沢町から元柳町にかけて船宿と共に有名な柳橋花街で、これが両国の景況を明治になって支えていたといえます。
米沢町で一言すべきは堀部安兵衛のことで、矢の蔵の米蔵が元禄11年(1698)築地に移ったあとが武家地や町地となり、米沢町の町名も出来たのですが、ここに堀部弥兵衛が娘の養子となった安兵衛と一緒に住んでいたことは「赤穂義人纂書」にのっています。よくわかりませんが、安兵衛が弥兵衛と一緒に米沢町に居住していたことを信ずる人は多くは次の文書によるようです。
堀部弥兵衛金丸親類書
妻、御当地米沢町に罷在候。
1.世伜 養子当24才 堀部安兵衛
1.娘 江戸米沢町に罷在候 右安兵衛妻  (「東日本橋 | 日本橋“町”物語 | 東京都印刷工業組合 日本橋支部」より)]

[元禄14年(1701年)3月14日、浅野長矩江戸城松之大廊下吉良義央に刃傷に及び、即日切腹、赤穂藩浅野家は改易となった。堀部金丸は藩邸を引き払い馬淵一郎右衛門、本所にある越前松平家家老本多長員屋敷内に住居を持つ江戸常府の本多家次席留守居・忠見政常(堀部言真の父)宅に仮住まいした後、両国橋の西にある矢之御蔵跡地にできた米沢町の二階建ての長屋に引っ越した。
討ち入りの前夜、討ち入り参加者は金丸宅に立ち寄ってからそれぞれの集合場所に行くことになった。なお、吉田兼亮らは金丸宅を辞してから本所林町五丁目に堀部武庸(安兵衛)が借りていた相宅に行く途中、両国橋の東の竪川の川岸にある「亀田屋」という茶屋(遊女屋)に寄り、最後の宴を催した。そのときにでた蕎麦のことから、「討ち入り前に蕎麦屋の二階に集合した」という話がつくられたといわれる。  (wikipedia・堀部金丸より)]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」、「国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 本所絵図

カメラ位置は両国広小路記念碑前でカメラ南南西方向が米沢町になります。カメラ北東方向・分離帯植え込みの中に両国広小路記念碑が設置されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*