葺屋町堺町

スポンサーリンク

マーカーは葺屋町堺町です。

葺屋町堺町(現・日本橋人形町3丁目2番 – 7番)
[江戸の芝居小屋は、寛永元年 (1624年) に山城国狂言師で京で猿若舞を創始した猿若勘三郎が、中橋南地(なかばしなんち、現在の京橋のあたり)に櫓をあげたのにはじまる。これが猿若座である。ところがこの地が御城に近く、櫓で打つ人寄せ太鼓が旗本の登城を知らせる太鼓と紛らわしいということで、寛永9年 (1632年) には北東に八町ほど離れた禰宜町(ねぎまち、現在の日本橋堀留町2丁目)へ移転、さらに慶安4年 (1651年) にはそこからほど近い堺町(さかいちょう、現在の日本橋人形町3丁目)へ移転した。その際、座の名称を座元の本姓である中村に合せて中村座と改称している。一方、寛永11年 (1634年) には泉州堺の人で、京で座元をしていた村山又兵衛という者の弟・村山又三郎が江戸に出て、葺屋町(ふきやちょう、現在の日本橋人形町3丁目)に櫓をあげてこれを村山座といった。しかし村山座の経営ははかばかしくなく、承応元年 (1652年) には上州の人・市村宇左衛門がその興行権を買い取って、これを市村座とした。
堺町の中村座と葺屋町の市村座は同じ通りに面した目と鼻の先に建っていた。また界隈にはこのほかにも小芝居の玉川座、古浄瑠璃の薩摩座、人形劇結城座などが軒を連ねていたので、この一帯には芝居茶屋をはじめ、役者や芝居関係者の住居などがひしめき、一大芝居町を形成した。  (wikipedia・江戸三座より)]

[中橋南地の中村座が称宜町に移された翌年、寛永10年正月には、堺町に都伝内(みやこ でんない)の櫓が許され、翌11年3月には、泉州から江戸に下った村山又三郎が、堺町に村山座を興した。これが後の市村座である。慶安4年(1651年)に至って称宜町にあった芝居小屋はことごとく堺町に移された。当時の堺町は、上下両町に分かれており、村山座も猿若座も上堺町に開場して、上堺町ばかりが繁栄するので、名主近藤喜兵衛は上下堺町の繁栄を平均させようとして、町奉行所に願い出て許可をえ、抽選の結果、猿若座は再度移転して、下堺町に開場することになった。上堺町は、明暦の大火後地割改正で葺屋町と改称し、下堺町はたんに堺町と呼ばれることになった。この地はその後200年ほど劇場街で『寛天見聞記』によるとずい分賑っていたことが知れる。
しかるに、天保の改革(1830年 – 1843年)に際して市中風俗取締りのためとあって、堺町葺屋町両狂言座、操芝居そのほか芝居関係に携っていた町屋の分も残らず、浅草聖天に近い小出伊勢守下屋敷跡へ移転(1841年)を命ぜられた。  (「中央区立図書館 – 2.中央区と演劇 安藤菊二(PDFファイル:947.00 KB)」より)]

[弾左衛門は、非人、芸能民、一部の職人、傾城屋などを支配するとされていた(「弾左衛門由緒書」偽書)。このうち職人などは早い時期に支配を脱した。1708年、京都の傀儡師小林新助が、弾左衛門が興行を妨害した件で江戸町奉行に訴えた。弾左衛門は敗訴したため、傀儡師・歌舞伎は弾左衛門の支配を脱したと受け取られた。1713年初演の歌舞伎十八番の一つ『助六』は、市川團十郎 (2代目)が弾左衛門の支配から脱した喜びから制作したもので、悪役の髭の意休は、1709年に死去した弾左衛門集誓をモデルにしたと言われている(特に初期の公演では、意休が被差別部落の人間であることがはっきり分かる描写があったという)。  (wikipedia・弾左衛門より)]

葺屋町堺町資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」(絵図中下・東堀留川に架かる親父橋の右上に葺屋町、堺町が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・堺町葺屋町戯場猿若狂言之古図

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「堺町葺屋町戯場」(2-7)、「猿若狂言之古図」(2-8)、「歌舞伎芝居解説-1・右ページ左より」(2-6)、「歌舞伎芝居解説-2・右ページ中程まで」(2-9)

「東都歳事記」・芝居顔見世の図.jpg
[江戸神田雉子町の名主である斎藤月岑(げっしん)編纂(長谷川雪旦画、長谷川雪堤補画)により、1838(天保9)年に刊行された『東都歳時記』に描かれている中村座の顔見世興業の様子である。向かって右上に見える櫓は中村座定紋「銀杏」を染め抜いた幕で囲われている。中村座の定紋はもともとは鶴が空から舞い降りてくるおめでたいデザインだったが、1690(元禄3)年に、将軍徳川綱吉に姫君が誕生し鶴姫と名付けられたのをはばかり、銀杏にしたが、銀杏の葉は鶴が翼を拡げる様子に見立てられたとも、末広の扇に似た形でめでたいともされている。その向こうの櫓には市村座の定紋の根上り橘らしきものが見える。又、向かって左は、森田座(当時は河原崎座)の定紋らしい。  (「顔見世 – 今日のことあれこれと・・・」より)]

東都歳事記. 巻之1-4,附録 / 斎藤月岑 編纂 ; 長谷川雪旦 図画 ; 松斎雪堤 補画」・「芝居顔見世の図」(5-12)

カメラ西方向・消火栓標識と歩行者横断禁止標識の間に堺町・葺屋町芝居町跡案内板が設置されています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*