薬研堀跡

マーカーはカメラ位置です。

薬研堀跡
[薬研堀(やげんぼり)とは現在の東京都中央区東日本橋にかつて存在した運河であり、堀周辺の通称地名でもあった。
流路
現在の地名では全流路が東日本橋内にある。隅田川より二丁目10番地の中央区立日本橋中学校内を南西に直進し、9番地で北西に折れ、一丁目に至った。過去の地名では、薬研堀町、米沢町などを通った。
名称の由来
堀底の形状がV字型であり、薬研の窪みに似ていることに由来する一般的な名称である。現在でも広島市などに同名の地名が残る。
歴史
正保年間に矢ノ倉と称する米蔵が置かれ、薬研堀は矢ノ倉に至るL字型の入堀として開削された。1698年(元禄11年)、米蔵が火災を契機に築地に移転すると、1771年(明和8年)、薬研堀は大半が埋め立てられ、10m程の直線部が残されるのみとなった。埋め立てた部分には町屋が起立し、薬研堀埋立地と称された。医者が集住したため医者町と通称されたという。七味唐辛子の発祥地としても有名である。1872年(明治5年)、薬研堀埋立地と周辺の武家地を合わせて薬研堀町が起立する。1903年(明治36年)には薬研堀は完全に埋め立てられ、堀としては消滅したが、地名としては残った。1947年(昭和22年)より中央区日本橋薬研堀町となるが、1971年(昭和46年)、住居表示により周辺の町を合わせて東日本橋とされ、地名としても消滅した。現在堀の面影は全くなく、薬研堀不動院や商店会などに名を残すのみである。
「両ごく回向院元柳橋」(『名所江戸百景』)手前が隅田川、奥の橋が元柳橋で、これをくぐるのが薬研堀である・wikipedia-photo  (wikipedia・薬研堀_(東京都)です。)]

資料リンク
松之大廊下の刃傷(元禄14年[1701]以前の「元禄6年[1693]の「[江戸図]」・「ru11_01193_p0011.jpg」[両国橋の上に矢ノ御蔵が描かれています。また、絵図の両国橋が2箇所描かれ左側の両国橋が×になっている、「七味発祥の地「両国橋界隈・江戸の歴史」 – e-mansion IS」に『両国橋」は万治2年(1659年)架けられたが、天和元年(1681年)12月の水害で流失、元禄9年(1696年)完成したが、この地図の橋は「仮橋」で、浜町寄りに在った。』とあるので、この絵図は元禄9年(1696年)両国橋再建後、仮橋(両国橋)を×で消して再建をされた大橋を書き加えたもののようです。]

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」(絵図右上・両国橋下に薬研堀が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 元矢之倉浜町辺之図

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・「薬研堀」(絵左上に薬研堀不動院が描かれています。)

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「薬研堀」(1-64)

カメラ南西方向が薬研堀で街路灯基礎に薬研堀と彫られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*