蛎殻銀座跡

マーカーはカメラ位置です。

蛎殻銀座
[今日の銀座二丁目に銀貨鋳造所である「銀座」が開かれてから約200年後、幕府は銀座の組織改革を行い、座人の御役取放を命じ、享和元年(1801年)日本橋蛎殻町に銀座を移しました。この地は、蛎殻銀座と呼ばれ、明治2年に造幣局が新設されるまで、68年間、銀貨鋳造が行われました。  (「中央区観光協会ホームページ・蛎殻銀座跡」より)]

[寛政12年6月(1800年)、江戸銀座において上納銀の滞納など不正行為が発覚したことを機に、銀改役の大黒長左衛門八代目常房は家職放免の上、永蟄居を命じられ、その後京都銀座から大黒作右衛門十代目常明が江戸へ招致され、京都および江戸両座の銀改役を兼任することとなった。この銀座粛正の後、50人を越えていた座人は15人に縮小され、同年11月に蛎殻町(現在の日本橋人形町)に移転される事が申し渡され、南鐐二朱銀鋳造が再開された。移転は翌享和元年7月(1801年)に完了した。常是屋敷は表間口15間、奥行35間5尺、面積537坪5合と京橋銀座とほぼ同程度の土地を拝領した。これ以降、京都および京橋で行われていた貨幣鋳造は蛎殻町銀座に集約され、江戸幕府による統制が強化され御用達町人による請負事業から事実上幕府の直轄事業となった。また京都銀座、大坂銀座は貨幣吹替えの際の旧銀の回収、引替、銀地金の買上および銀貨の包封などの役割りにとどまることとなった。  (wikipedia・銀座_(歴史)江戸・蛎殻町銀座より)]

蛎殻銀座資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」[東堀留川・親父バシ西方向に銀座と記述されている。]

蛎殻銀座跡碑 – Google Map 画像リンク

カメラ南西向に蛎殻銀座跡の説明板があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*