請西藩林家上屋敷跡

マーカーは請西藩林家上屋敷跡です。

関連リンク – 請西藩(貝淵藩)林家下屋敷跡

請西藩林家
[請西藩(じょうざいはん)は、江戸時代後期に上総国に所在した藩。石高は1万石で、藩庁は上総国望陀郡請西村(現在の千葉県木更津市請西)の真武根陣屋(まふねじんや。請西陣屋とも)に置かれた。戊辰戦争によって改易された唯一の藩として知られる。当初藩庁は望陀郡貝淵村(現在の木更津市貝渕)の貝淵陣屋に置かれていたために貝淵藩(かいふちはん)とも呼ばれる。
林家(三河林氏)は小笠原氏の支流を称し、松平親氏の代から松平氏に仕えた三河譜代の家柄である。林家は代々番方を勤める旗本で、忠和の代に3000石を知行した。その後、忠勝・忠久・忠篤・忠英と続く。
伝承によれば、松平家の祖である得川有親・親氏が信濃で窮した際に、筑摩郡林郷(現在の長野県松本市里山辺付近)に住していた旧知の林光政を頼ったことがあった。光政は雪の中で兎を捕らえて吸い物にし、有親・親氏父子に振る舞ったという(里山辺の広沢寺境内に、光正が兎を捕らえた場所という「兎田」の碑がある)。これを開運の嘉例とし、徳川幕府の下では正月行事として、林家が将軍に兎の吸い物を献上し、将軍から酒を賜るという「献兎賜盃」の儀式が行われることとなっていた。
天明7年(1787年)4月に徳川家斉が11代将軍に就任すると、忠英は小姓として仕え、家斉の寵臣となった。寛政8年(1796年)に家督を相続した忠英は、小姓番組頭格・御用取次見習・御側御用取次などと栄進し、さらに加増を重ね、文政5年(1822年)には7000石を知行する。
文政8年(1825年)4月、若年寄に昇進して3000石の加増を受け、計1万石の大名に列して貝淵藩が成立した。天保5年(1834年)12月には3000石、天保10年(1839年)3月には江戸城修築などの功を賞されて5000石を加増され、計1万8000石を領した。しかし、家斉が天保12年(1841年)1月に死去すると、将軍家慶老中水野忠邦の粛清を受け、4月に8000石を没収されたうえ、若年寄も罷免された。さらに同年7月には強制隠居を命じられた。
天保14年(1843年)6月には、天保の改革の一環として行われた印旛沼堀割の手伝普請を命じられた。家斉没後に8000石もの加増地を失った藩財政はさらに逼迫した。
嘉永3年(1850年)11月、忠旭は藩庁を貝淵陣屋から1.5kmほど内陸に位置する望陀郡請西村の高台に築いた真武根陣屋(請西陣屋)に移す。以後、この藩は請西藩と呼ばれる。なお、貝淵陣屋は藩の地方役所としてそのまま使われた。
2代藩主忠交は伏見奉行在任中の1867年に急死し、若年の嫡男忠弘に代わって甥の忠崇が家督を相続した。
慶応4年(1868年)、上総に転じた遊撃隊による助力要請に接した忠崇は旧幕府側に与することを決し、自ら脱藩して同藩士とともに遊撃隊に合した。出陣に際して真武根陣屋(請西陣屋)を自焼した。
忠崇らは房総相模にて新政府軍と抗戦したのち、旧幕府勢力の制する東北各地に転じた。敵対する忠崇の行動は新政府の怒りを買い、明治元年(1868年)に改易となった。請西藩は、戊辰戦争によって改易された唯一の藩である。そのため、林家は諸侯でありながら大政奉還以降唯一華族に入れなかった一族となった(忠弘の代に復興し1893年に男爵入り)。
仙台に転戦した忠崇は、徳川宗家が駿府70万石の諸侯として存続するとの報に接し、新政府軍に降伏した。以後は江戸の唐津藩邸にて幽閉される。明治2年(1869年)、同家は忠弘を当主とする300石の東京府士族として存続した。忠崇も1872年に赦免されたものの、家禄の削減・廃止もあり、以後は職を転々とする困窮した生活を送った。
明治22年(1889年)、大日本帝国憲法発布にともなう大赦によって西郷隆盛の名誉が復権するや、旧藩士らは林家の復権運動を起こす。明治26年(1893年)、忠弘に対して男爵が授けられた。
なお、忠崇は昭和16年(1941年)に94歳で死去するまで在命し、「最後の大名」としてこの世を去った。  (wikipedia・請西藩より)]

国際日本文化研究センター – 日本橋北内神田兩國濱町明細繪圖(安政6・1859年)」[絵図四つ切右下に林肥後守(林忠交)上屋敷が描かれています。]

カメラ北東方向、道路右がロイヤルパークホテルで、そこと左側、蛎殻町公園手前までが請西藩林家上屋敷跡になります。