馬喰町(西村屋与八・永寿堂)

マーカーはカメラ位置です。

馬喰町(日本橋馬喰町)
[今は問屋街の馬喰町ですが、古くは馬市の立つ町でした。靖国通り江戸通りの交差点の北側に、〈初音の馬場〉と呼ばれた馬場もあって、関ヶ原の戦いの際には、ここで馬ぞろえ (出陣前の馬の検閲と演習) が行われたといいます。博労 (馬の善し悪しを鑑定し、売買・仲介をする人) の頭、高木源兵衛や富田半七などが住んでいたところから当初は博労町、のちに馬喰町となりました。明暦の大火(1657年) の後、浅草御門、今の浅草橋たもとに関東郡代の屋敷が置かれると、地方からの公事師 (訴訟代理人) のための旅籠屋が増えてきました。横山町に隣接していたことから、各地から訪れる仕入れ、売り込みの商人たちの出入りも盛んで、大小の旅籠が集中し、江戸一番の旅館街として活況を呈したといいます。旅館のほか、江戸土産を求める人のために小間物、化粧品、煙草、袋物などの店も多くなり、やがて馬喰町問屋街として開けました。  (「問屋街散歩 – 横山町・馬喰町 – 協同組合 東京問屋連盟」より)]

[馬喰町は一丁目から四丁目まであった。古名を六本木といい、徳川氏入国以前から街通の馬次ぎ場として知られていた。後年、この町が旅籠屋街として栄えたことは記すまでもなかろうが『江戸見物道知辺』に、馬喰町の旅籠屋周辺の説明をして「馬喰町一丁目より四丁目迄両がははともに旅籠屋にて、四丁目に藤井しま屋のごふく店、向ふに山本太物店、右はつば店同朋町、左の方は柳原、土手八町の古着見世也」また「ばくろ丁よりにしのかたへまいりますれば、小伝馬町三丁めに、さってや茂兵へが、しらみ紐、二丁目三丁目両かはともに、たんす長持、ひつ、つヾら・・・・・」といっていて、文化の頃のこの周辺の町のようすが、ほうふつとして眼前に浮かんでくるのを覚える。  (「中央区立図書館 – 10.中央区名所名物句集二 安藤菊二輯(PDFファイル:982.52 KB)」より)]

西村屋与八・永寿堂(馬喰町二丁目角)
[西村屋与八は、鶴屋喜右衛門蔦屋重三郎と並ぶ江戸の有力地本問屋である。宝暦頃(1751〜1764)から草双紙浮世絵の出版を行い、早くから鳥居派の浮世絵師とつながりを持ち、天明頃(1781〜1789)には美人画で著名な鳥居清長の作品を多く出版していた。書物問屋仲間には、享和(1801〜1804)の初め頃にまでに加入したと思われる。
 『江戸作者部類(えどさくしゃぶるい)』には次のようなエピソードが載る。西村屋の二代目は鱗形屋孫兵衛(うろこがたやまごべえ)(江戸の古い地本問屋)の次男であるが、この二代目はたいへん誇り高く、作者や絵師の方から依頼がないと出版しない、版元から原稿を頼んだりはしない、という方針であった。当時人気作者であった山東京伝は、この話を聞き、西村屋に出版を願ったため西村屋と親しくなり、また、新進作者であった柳亭種彦もたびたび挨拶に西村屋を訪れ、家族ぐるみの付合いになった。しかし、やはり人気のあった作者曲亭馬琴は、決して西村屋に頭を下げなかったため、二代目とは往き来することがなく、文政(1818〜1830)のはじめ、二代目の没後に三代目が原稿を依頼してきたので、以来、馬琴と西村屋のつながりができた、というのである。以上の話がすべて事実であるかどうかは判らないが、化政期(1804〜1830)の西村屋は、確かに柳亭種彦との関わりが強く、種彦作・歌川国貞(後の三代目歌川豊国)画の『正本製(しょうほんじたて)』−文化12年(1815)〜天保2年(1831)−の出版は特に著名である。また、葛飾北斎の浮世絵も多く出版しており、天保初年の「冨嶽三十六景」シリーズも西村屋版である。しかし度重なる火災によってか、天保の半ばから、西村屋は衰えを見せる。  (「西村屋与八 馬喰町二丁目角」より)]

『江戸買物独案内』画像データベース(早稲田大学)の江戸買物獨案内 上・下巻・飲食之部(上巻 / 内容画像27・下画左端)に永壽堂・西村屋與八が掲載されている。

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 日本橋北神田浜町絵図」[絵図右上・郡代屋敷、初音馬場下が馬喰町です。]

カメラ位置は絵図の馬喰町二丁目・三丁目交差点(現・馬喰町1丁目交差点)です。カメラ南南東方向角に西村屋与八・永寿堂があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*