高尾稲荷社

マーカーは高尾稲荷社です。

高尾稲荷社
[万治2年(1659)12月、新吉原の三浦屋四郎左衛門抱えの遊女・2代目高尾太夫傾城という娼妓の最高位にあり、容姿端麗にて艶名一世に鳴り響き、和歌俳諧に長じ、書は抜群、諸芸に通じ、比類ない全盛をほこっていたといいます。生国は野州、塩原塩釜村百姓長助の娘で、当時十九歳でした。その高尾が仙台藩伊達綱宗侯に寵愛され、大金をつんで身請けされましたが、彼女には既に意中の人があり、操を立てて侯に従わなかったため、ついに怒りを買って、隅田川の三又(現在の中州)あたりで楼船(屋形船)上にて吊り斬りにされ川中に捨てられました。その遺体が数日後、当地大川端の北新堀河岸に漂着し、当時そこに庵を構えていた僧が居合わせて引き揚げ、そこに手厚く葬ったといわれます。高尾の不憫な末路に広く人々の同情が集まり、そこに社を建て、彼女の神霊・高尾大明神を祀り、高尾稲荷社としたというのが当社の起縁です。稲荷社としては全国でも非常に珍しいことに、現在この社には実体の神霊(実際の頭骸骨)が祭神として安置してあります。江戸時代より引き続き、昭和初期まで参詣者多く、縁日には露店なども出て栄えていました。
 高尾が仙台侯に贈ったといわれる句
  君は今駒形あたり時鳥ほととぎす
 辞世の句
  寒風にもろくも朽つる紅葉かな

懸願と御神徳
 頭にまつわる悩み事(頭痛、ノイローゼ、薄髪等)、商売繁昌、縁結び、学業成就の御神徳があります。懸願にあたってはこの社より櫛一枚を借り受け、朝夕「高尾稲荷大明神」と祈り、懸願成就ののち、他に櫛一枚をそえて奉納する習わしが伝わっております。
     境内案内板「高尾稲荷社の由来」(昭和51年3月・箱崎北新堀町町会)より  (「Blog – Deep Azabu: 高尾稲荷神社」より)]

高尾稲荷社資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 築地八町堀日本橋南絵図

国立国会図書館デジタルコレクション – 呉服橋御門外ヨリ鍛冶橋御門外日本橋京橋川筋限八丁堀箱崎霊岸島辺一円絵図

高尾稲荷神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が高尾稲荷社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*