日野の渡し跡

マーカーは日野渡船場跡案内板です。

日野の渡し
[日野の渡しは、現在の立日橋付近で柴崎(立川市)と日野を結んでいた多摩川の渡しで、江戸時代貞享年間(1684~1688)以前は農耕のための作場渡しとして利用されていた。この頃、甲州街道は下流の青柳(国立市)付近から万願寺渡船場から多摩川を渡り、万願寺一里塚を経て日野宿に至っていた。貞享元年(1684)、甲州街道は青柳より上流の柴崎から日野渡船場で多摩川を渡り、日野宿に至る道筋に改変された。これに伴い、日野の渡しは府中宿日野宿を結ぶ正式な渡しとなり、日野宿の経営となった。三月から十月までは渡船、渇水期の十月から翌三月までは土橋だったが、文政7年(1824)以降は一年中渡船となった。渡し賃は人と馬で別々に徴収されたが、武士、僧侶、宿の人々は無料で通行できた。明治維新後も日野渡船場の経営は日野町へ受け継がれるが、大正15年(1926)日野橋の開通によって渡船は廃止となった。 日野市教育委員会  (「ぶらり日野(3) 日野本町 : TEIONE BLOG – 平山 貞一」より)]

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「日野津」(10-23)
日野津(拡大図)

日野渡船場跡 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向築堤上に日野の渡し跡の案内板があります。

カメラ位置は日野渡船場跡です。