土佐藩下屋敷(深川屋敷)跡(中浜万次郎住居跡)

マーカーは中浜万次郎住居跡案内板です。

土佐藩下屋敷(深川屋敷)跡(中浜万次郎住居跡)
[中浜万次郎は、幕末に通訳・翻訳などを行い、ジョン万次郎の名で知られています。文政10年(1827)土佐国高知県)中ノ浜で生まれ、明治31年(1898)71歳で死去し、墓は豊島区雑司ヶ谷霊園にあります。
万次郎は14歳の時、漁に出て遭難し、米国の捕鯨船に救助され、以後、嘉永4年(1851)に帰国するまでの大半を米国で過ごし、教育を受けました。帰国後は土佐藩幕府に登用され、明治元年(1868)再び土佐藩に登用されました。明治2年から明治13年(1880)まで、砂村にあった土佐藩の下屋敷に住み、開成学校(東大の前身)の教授などを勤めました。  (「城東・砂町地区|江東区」より)]

中浜万次郎宅跡(ジョン万次郎旧居跡) – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向に中浜万次郎住居跡案内板があります。