塩原太助住居跡

スポンサーリンク

マーカーは塩原太助住居跡案内板です。

塩原太助
[塩原太助(しおばら たすけ、寛保3年2月3日(1743年2月26日) – 文化13年閨8月14日(1816年10月5日))は、三遊亭円朝の「塩原多助一代記」で有名な江戸時代の豪商。幼名は彦七。裸一貫から身を起こし、大商人へと成長。「本所に過ぎたるものが二つあり、津軽屋敷に炭屋塩原」と歌にまで詠われるほどの成功をおさめた。こうしたサクセスストーリーが、多くの人々の心をつかんだ。戦前には立志伝型人物として教科書にも登場した。
経歴
●1743年 群馬県利根郡新治村(現在のみなかみ町)に生まれる。
●1761年 江戸に出る。
●1785年 炭屋山口屋で奉公。勤勉な働きぶりで蓄財に励む。後に独立し、大商人に成長。
●木炭の粉に海藻を混ぜ固めた炭団を発明し大成功する。
●富豪になってからも謙虚な気持ちで清潔な生活を送り、私財を投じて道路改修や治水事業などを行った。
●1816年 死去。墓は万年山東陽寺(東京都足立区東伊興)。
後世
●二代目は放蕩息子で、塩原家は没落したと伝えられる。
●1878年 三遊亭圓朝が太助をモデルにして「塩原多助一代記」を創作し、高座にかけて人気が出る。
●1885年 「塩原多助一代記」を出版。12万部という驚異的なベストセラーになる。
●1928年 関東大震災の復興事業として墨田区竪川に「塩原橋」が架けられた。  (wikipedia・塩原太助より)]

塩原太助炭屋跡 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向が塩原太助住居跡案内板です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*