宇都宮藩戸田家深川下屋敷跡

マーカーは宇都宮藩戸田家下屋敷跡です。

関連リンク – 老中屋敷・宇都宮藩戸田山城守(忠温)上屋敷跡宇都宮藩戸田家上屋敷跡宇都宮藩戸田家本所下屋敷跡宇都宮藩戸田家角筈下屋敷跡

国立国会図書館デジタルコレクション – 東京市史稿. 市街編49(1960年東京都出版)」の「江戸藩邸沿革」のP677・コマ番号382/553から宇都宮藩屋敷の変遷について記載されています。P681・コマ番号384/553「下屋敷 深川清住町」がこの地になります。

戸田忠友
[戸田 忠友(とだ ただとも)は、下野宇都宮藩の第7代(最後)の藩主。宇都宮藩戸田家13代。
弘化4年(1847年)8月22日、戸田家分家の7000石の旗本である戸田忠偲の長男として江戸浜町の屋敷で生まれる。母は戸田本家8代戸田忠翰の娘である。文久2年(1862年)5月28日に江戸幕府第14代将軍・徳川家茂小姓となり、12月16日に従五位下に叙位し、元治元年(1864年)5月24日に安房守に任官した。
元治2年(1865年)、本家の宇都宮藩主戸田忠恕(同年齢で母方の従兄にあたる)は天狗党の乱鎮圧失敗などにより、幕命により強制隠居・謹慎を命じられ、代わって忠友が本家の家督を継いだ。幕府はさらに加えて忠友を陸奥棚倉藩に左遷しようとまでしたが、一門家老の戸田忠至の尽力により転封は免れた。この功績により、忠友は慶応3年(1867年)に1万石を忠至に分与して支藩高徳藩を立藩させている。このため、宇都宮藩は6万7850石となった。
慶応3年(1867年)7月25日に奏者番寺社奉行を兼任する形で任命され、慶応4年(1868年)2月16日まで務めた。戊辰戦争では佐幕派として第15代将軍・徳川慶喜の助命嘆願を行なうべく宇都宮藩兵100人を伴って2月に上洛しようとしたが、道中の大津湊で抑留された。このため、その後3月から4月にかけて藩内で起きた野洲世直しや宇都宮戦争を自ら陣頭指揮することが出来なかった。6月8日には新政府から隠居命令を出されて謹慎する。新政府は忠友を佐幕派とみなしてこれに代わる藩主を擁立しようとしたが、藩内で反対運動が起こったため、明治元年(1868年)11月に隠居を取り消して許している。
明治2年(1869年)6月2日、新政府から功績があったとして1万石を加増される。直後の版籍奉還で宇都宮知藩事となり、明治4年(1871年)7月15日の廃藩置県で知藩事を免職された。  (wikipedia・戸田忠友より)]

国際日本文化研究センター – 本所深川繪圖(安政5・1858年)」(絵図上中央・小名木川左に戸田因幡守(戸田忠明)下屋敷が描かれています。)

カメラ位置は江東区清澄2丁目6地先北西交差点で、カメラ位置付近一帯が宇都宮藩戸田家下屋敷跡になると思います。