江東区芭蕉記念館

マーカーは江東区芭蕉記念館です。

江東区芭蕉記念館
[江東区は、我が国の文学史上偉大な業績を留めた松尾芭蕉ゆかりの地です。芭蕉は、延宝8年(1680)それまでの宗匠生活を捨てて江戸日本橋から深川の草庵に移り住みました。そして、この庵を拠点に新しい俳諧活動を展開し、多くの名句や『おくのほそ道』などの紀行文を残しています。この草庵は、門人から贈られた芭蕉の株が生い茂ったところから「芭蕉庵」と呼ばれ、芭蕉没後、武家屋敷内に取り込まれて保存されましたが、幕末から明治にかけて消失しました。大正6年(1917)の大津波の後、常盤一丁目から「芭蕉遺愛の石の蛙」(伝)が出土し、同10年に東京府は、この地を「芭蕉翁古池の跡」と指定しました。江東区は、このゆかりの地に、松尾芭蕉の業績を顕彰するため、昭和56年(1981)4月19日に芭蕉記念館を、平成7年(1995)4月6日に隅田川と小名木川に隣接する地に芭蕉記念館分館を開館しました。当館は、真鍋儀十翁等が寄贈された芭蕉及び俳文学関係の資料を展示するとともに、文学活動の場を提供しています。  (「芭蕉記念館 – 公益財団法人 江東区文化コミュニティ財団 ・館のご案内」より)]

江東区芭蕉記念館 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が江東区芭蕉記念館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*