深川仲町通り商店街

スポンサーリンク

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    深川仲町通り商店街
    [江戸時代から門前町として栄えた、歴史ある繁華街。
    江戸時代からの繁華街で、そのにぎわいが今もなお続く商店街。毎月1日、15日、28日の深川縁日の日には、特に多くの人でにぎわいます。永代通りを中心に約130店舗が軒を連ね、食料品から日用品まで、すべてが揃います。  (「下町人情あふれる商店街へ | 江東おでかけ情報局」より)]

    深川仲町通り商店街振興組合公式HP

    [門前仲町(もんぜんなかちょう)は、東京都江東区の地名で、旧深川区にあたる深川地域内である。
    富岡八幡宮など著名な神社仏閣を有する富岡に隣接した門前町として古くから栄えている。商店街の活動が活発で、大通りや地下鉄、都営バスの発着所が設けられているなど深川地域を代表する要所のひとつに数えられる。通称「門仲(もんなか)」、または「深川仲町」と呼ぶこともある。江戸時代に伊能忠敬等の著名人が多く住んでいたことで知られる。
    富岡八幡宮である別当永代寺の門前町として、17世紀半ばから町屋が形成されたため。永代寺は1868年(明治元年)の神仏分離令で廃止された。地名改正以前は、深川永代寺門前仲町と呼ばれていた。1969年住居表示を実施し、深川門前仲町から現在の門前仲町に町名変更を行った。  (wikipedia・門前仲町より)]

    カメラ東方向が門前仲町で誕生した地元密着のスーパーマーケット。都内に14店舗を展開する「赤札堂 深川店」(江東区門前仲町2丁目10-1)です。

    カメラ東北東方向が大正13年に屋台で創業した牛煮込み專門店「大坂屋」(江東区門前仲町2-9-12)です。(大坂屋 (おおさかや) – 門前仲町/居酒屋 [食べログ])

    カメラ南西方向が深川を代表する甘味処「いり江」(江東区門前仲町2-6-6)です。(いり江 (いりえ) – 門前仲町/甘味処 [食べログ] )

    カメラ南西方向が大衆酒場「だるま」(江東区門前仲町2丁目7-3)です。(だるま – 門前仲町/居酒屋 [食べログ] – 東京)

    カメラ西南西方向が明治37年に、鮮魚店として始まった居酒屋「魚三酒場 富岡店」(江東区富岡1丁目5-4)で、その右が深川名物「深川あさりめし」の老舗「門前茶屋」(江東区富岡1丁目5-1)です。(魚三酒場 富岡店 (うおさんさかば) – 門前仲町/居酒屋 [食べログ]門前茶屋 (もんぜんじゃや) – 門前仲町/ろばた焼き [食べログ] )

    カメラ東方向が創業から70年ほどの鮮魚店「富岡水産」(江東区富岡1丁目10-3)と「富岡水産」が営む食堂「富水(とみず)」です。(富水 – 門前仲町/魚介料理・海鮮料理 [食べログ])

    カメラ北北西方向が和風居酒屋「お照」(江東区富岡1丁目24-9)です。(お照 – 門前仲町/おでん [食べログ] – 東京)

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *