関宿藩久世家下屋敷跡(清澄庭園)

マーカーは清澄庭園です。

園内マップ|清澄庭園|公園へ行こう! – 東京都公園協会

関宿藩久世家下屋敷跡(清澄庭園)
[清澄庭園(きよすみていえん)は、東京都江東区清澄にある都立庭園。池の周囲に築山や名石を配置した回遊式林泉庭園で、東京都指定名勝に指定されている。
この地には元禄期の豪商・紀伊國屋文左衛門の屋敷があったと伝えられる。享保年間には下総国関宿藩主・久世氏下屋敷となり、ある程度の庭園が築かれたと推定されている。
1878年(明治11年)、荒廃していた邸地を三菱財閥創業者の岩崎弥太郎が買い取り、三菱社員の慰安と賓客接待を目的とした庭園の造成に着手。1880年(明治13年)に竣工し、深川親睦園と命名された。三菱社長の座を継いだ岩崎弥之助は庭園の泉水に隅田川の水を引き込むなど大きく手を加え、1891年(明治24年)に回遊式築山林泉庭園としての完成を見た。なお、1889年(明治22年)には庭園の西側にジョサイア・コンドル設計による洋館が建てられている。
その後、1923年(大正12年)に発生した関東大震災で庭園は大きな被害を受けて邸宅も焼失したが、図らずも近隣住民の避難場所となり多くの人命が救われた。それを受けて1924年(大正13年)、三菱3代目社長の岩崎久弥は当時の東京市に庭園の東半分を公園用地として寄贈。市は大正記念館の移築(1929年5月竣工)や深川図書館の新館舎建設(同年6月竣工)など整備を進め、1932年(昭和7年)7月24日に清澄庭園として開園した。
1973年(昭和48年)に東京都は残る西半分の敷地を購入。翌年から整備を開始し、1977年(昭和52年)に開放公園(清澄公園)として追加開園した。
関東大震災
当時の深川区では火災の被害が大きかったものの、4千本の広葉樹、針葉樹に囲まれていたこともあって、図らずも近隣住民の避難場所となり2万人の人命が救われた(殆ど焼失した深川地域では数少ない格好の避難場所であった)。ちなみに、北から2kmあった本所区(現墨田区)の陸軍被服廠跡(現横網町公園)では、避難した4万人のうち3万8千人が火災旋風に襲われ落命した。
見所
中島を持つ広い池が中心にあり、ツツジとサツキの植えられた「つつじ山」や池の端を歩けるように石を配置した「磯渡り」などがある。また、園内には岩崎家が全国から集めたという名石が無数に置かれている。池には人に慣れた多数のカメがおり、餌をやることができる。
●大正記念館(https://goo.gl/maps/ThJAEeeYqNE2) – 大正天皇の葬儀に用いられた葬場殿。戦災で失われ、貞明皇后葬場殿の材料を使って再建された。集会施設として利用可能。
●涼亭(https://goo.gl/maps/DdvqhPwFqXP2) – 1909年(明治42年)に建てられた数寄屋造りの建物。保岡勝也の設計。東京都選定歴史的建造物に選定されている。集会施設として利用可能。
泉水と涼亭・wikipedia-photo、涼亭・wikipedia-photo、涼亭・wikipedia-photo、大正記念館・wikipedia-photo、富士山・wikipedia-photo、橋・wikipedia-photo、紀州青石・wikipedia-photo、伊予青石・wikipedia-photo、伊予磯石・wikipedia-photo、讃岐御影・wikipedia-photo、伊豆式根島石・wikipedia-photo、武州三波青石・wikipedia-photo、相州加治屋石・wikipedia-photo、生駒石・wikipedia-photo、秩父青石・wikipedia-photo、伊豆綱代石・wikipedia-photo、伊豆川奈石・wikipedia-photo、伊豆川石・wikipedia-photo、攝津御影・wikipedia-photo  (wikipedia・清澄庭園より)]

清澄庭園ホームページ

東京都江東区 清澄庭園(1/2) 桜 | 美しい日本、この一枚。」、「清澄庭園 桜 | Ryu’s Photos Blog

国立国会図書館デジタルコレクション – 永代橋ヨリ深川八幡州崎辺迄 : 天保一一年八月ノ形」(コマ番号3/4・絵図右上に久世大和守が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 〔江戸切絵図〕. 深川絵図

清澄庭園 – Google Map 画像リンク」、「大正記念館 – Google Map 画像リンク」、「「古池の句」碑 – Google Map 画像リンク

清澄庭園入り口のストリートビューです。

清澄庭園の泉水池北側のストリートビューで、カメラ北方向に大正記念館があります。

清澄庭園中の島の一本桜のストリートビューです。

清澄庭園の泉水池南側・涼亭東側のストリートビューで、カメラ北北西方向に大正記念館が見えます。

カメラ北東方向が涼亭です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*