亀戸香取神社

スポンサーリンク

マーカーは亀戸香取神社です。

亀戸香取神社
[その昔、亀戸は亀の形をした小さな島で、亀島とか亀津島と呼ばれていたという。社伝によれば、天智天皇4年(665)藤原鎌足東国へ降った際、この島に香取大神を勧請し、太刀一振りを奉納して旅の安全を祈願した。これが当社の起源であるという。承平天慶の乱に際し、平将門の追討に向かった藤原秀郷は、先勝祈願のために当社に参籠した。乱の鎮定後、奉賽として弓矢を奉納し、勝矢と命名した。5月5日に行われる勝矢祭は、この故事に因むものである。このような由緒や武道の神として崇敬された香取大神の神徳に因み、現在ではスポーツ振興の神として広く崇敬を集めているとのことである。明治5年(1872)村社に列格。昭和20年(1945)空襲で社殿が焼失し、同23年(1948)再建。現在の社殿は同63年(1988)に落成したものである。また、当社の神輿は、担ぐと屋根と銅と台座が別々の動きをするという珍しいもので、俗に「こんにゃく神輿」と呼ばれる。全国でも九州とここの2基しかないとのこと。  (「亀戸香取神社 | 東京都江東区 | 古今御朱印研究室」より)]

亀戸香取神社ホームページ」 – 「年間祭事表

香取大神宮資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション – 北本所横川ヨリ亀戸迄 : 天保一一年八月ノ形」(絵図左上に香取大神宮が描かれています。)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・香取大神宮

江戸名所図会. 巻之1-7 / 斎藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 画図」・「香取大神宮」(18-61)、「香取大神宮解説-1・右ページ中程より」(18-60)、「香取大神宮解説-2・右ページ4行目まで」(18-63)

亀戸香取神社 – Google Map 画像リンク」、「恵比寿天大黒天像 – Google Map 画像リンク」、「勝石 – Google Map 画像リンク」、「亀戸大根之碑 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が亀戸香取神社参道です。

亀戸香取神社拝殿前のカメラです。

亀戸香取神社勝矢祭(かちやさい)のカメラです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*